MENU

コラム

column

公開日2022.04.15最終更新日2022.05.25脂肪注入法

脂肪注入後、見た目はどのくらい変化するのか

                 

脂肪注入法は術後のサイズが完成形ではありません。実は術後数ヵ月かけて見た目が変化する豊胸術であり、人によっては驚くほど小さくなってしまうことも。一体なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。

術後はバストがパンパンに!?  脂肪注入後、見た目はどれくらい変化する?

見た目も触り心地も本物のバストとほぼ変わらず、脂肪吸引で気になる部分のシェイプアップもできる脂肪注入法は、一度の手術で女性らしいボディラインが手に入るメリットの多い豊胸術です。

しかし、そのようなメリットの一方、術後の見た目の変化が気がかりだとする心配の声も多くあがっているのをご存知でしょうか?

実際、脂肪注入法はシリコンバッグやヒアルロン酸による豊胸と異なり、術後、日が経つにつれて見た目がわかりやすく変化します。

では実際、どのくらい変化するのかみていきましょう。

術後はパンパンにボリュームアップ?

手術当日~術後1ヵ月くらいまでは結構なボリュームです。「こんなに効果があるの!?」と驚くかもしれませんが、これはバストアップの結果ではなく、腫れによるものです。

術後1ヵ月以降は少し小さくなる

術後1ヵ月を過ぎると腫れがだいぶ引いてくるため、バストは少し小さくなります。また、内出血が治ってくるのもこの時期。赤黒くなった痛々しいバストを見て元通りになるか不安だった場合は、ここにきてやって安心できるようになります。

術後3ヵ月以降の見た目の変化は?

術後3ヵ月もするとバストに注入した脂肪が定着しますが、この時期のバストサイズは脂肪がどれだけ定着したかによって異なります。

しっかり定着していれば術前計画で想定していたサイズに近づいているはずですが、それほど定着していなかった場合は残念ながら希望のサイズにはならないでしょう。

このように、脂肪注入後は術後3ヵ月ほどの間に数段階の変化が見られるのです。

脂肪注入法は「脂肪を定着させること」が成功の鍵!

脂肪注入法は脂肪吸引の際に体に大きな負担がかかる手術であり、術後のダウンタイムも痛みでつらいものです。にもかかわらず、脂肪が定着しなかった場合は時間が経つにつれバストが萎んでいくのですから万が一、そうなってしまったときの患者さんの落ち込みは相当なものでしょう。

このような残念な結果を回避するためには、クリニック選びの段階から次のような点に気をつける必要があります。

技術力の高いクリニックを選ぶ

脂肪を定着させるには、特殊加工で細胞を活性化させた脂肪をバスト各所にバラバラに注入し、脂肪に栄養と酸素が十分行き渡るようにしなければなりません。ですから、クリニックを選ぶ際はこれを実現できる技術力があるかどうかを確認するようにしましょう。

もちろん、担当する医師は豊胸の得意なベテラン医師であればベスト。カウンセリングの際には脂肪の定着率も聞いておきましょう。

術後は医師の指示通りに過ごす

術後、しばらくは「激しい運動はしない」「ダウンタイムでつらくてもしっかり食事する」「ブラジャーはつけない」「禁煙する」といった医師からの指示を守って生活しなければなりません。日常生活に制限がかかるためストレスに感じるのも無理はありませんが、術後のきまりを守らなければ脂肪はきちんとバストに定着しません。これから脂肪注入法で豊胸に臨む方、手術を終えて日が浅い方は医師の指示通りに過ごすように心がけましょう。

脂肪はそう簡単には定着しない!

実は脂肪の定着率は個人の体質も大きく影響します。したがって、技術力のある医師が手術し、術後の過ごし方に気をつけていても、人によっては多くの脂肪が体内に吸収されてしまい、希望のサイズを大きく下回ってしまう場合があります。

同じ体内にあった脂肪とはいえ、他の部位から切り離された脂肪はその瞬間に一度鮮度を失っているため、すぐに体内に戻したとしてもバストに定着させることはそれほど容易ではありません。

脂肪注入法を検討されている方はこの点に留意したうえで手術を決断してください。

まとめ

・脂肪注入法はシリコンバッグによる豊胸と異なり、術後、日が経つにつれて見た目が変化する。

・術後1ヵ月は腫れによりかなりボリュームアップし、術後1ヵ月以降は腫れが引いて少し小さくなり、内出血も治ってくる。術後3ヵ月以降は注入した脂肪がどのくらい定着したかによって違いが出る。つまり、脂肪注入法の最終的な大きさは脂肪の定着率で決まる。

・バストに注入した脂肪をしっかり定着させるには、脂肪の加工・吸引・注入すべてにおいて高い技術力があるクリニックで手術を受けることが大切。また、術後は医師の指示通りに過ごし、少しでも脂肪がバストに定着するよう心がけることも重要。

・注入後、脂肪がどれくらい定着するかは個人の体質にもよる。また、脂肪はもともとあった部位から切り取られると鮮度を失うため、そこから他の部位に注入して定着させることは容易ではない。脂肪注入法で豊胸する場合はその点も留意しておく必要がある。

成長再生豊胸には、
成長再生豊胸F成長再生豊胸W
2種類があります。

当院には、
成長再生豊胸の他に脂肪注入法
もあります。

関連コラム

無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。
閉じる
無料カウンセリング
ご予約
お問い合わせ