電話ボタン MENU

コラム

column

公開日2024.04.20最終更新日2024.04.02垂れ乳

産後、胸の垂れが戻らない…。ハリのあるバストに戻す方法は?

産後には急に胸が垂れてしまう女性が多く、クリニックにたくさんの相談が寄せられます。

産後にバストが垂れるのは、卒乳後にバストが縮むことでバストを支えているクーパー靭帯のたるみが原因です。

本記事では、産後に胸が垂れて戻らない理由や、垂れを改善する方法について解説します。

>>垂れ・ハリのない胸にお悩みの方は「バスト・タイト」

産後に胸が垂れて戻らない理由

産後には妊娠中に大きくなったバストが縮小します。バストが縮小すると、バストを支えているクーパー靭帯にたるみが生じ、胸が垂れていくのです。

妊娠によるバストの変化と、一度垂れた胸が戻らない理由を解説していきます。

妊娠から産後にかけてのバストの変化

妊娠すると卵巣・胎盤からのホルモンやプロラクチンというホルモンが増えて乳腺が発達し、バストが平均2カップ程度大きくなります。

乳腺は母乳を生み出す器官で、プロラクチンは母乳の分泌を調節するホルモンです。

プロラクチンは妊娠中に増え続け、分娩直前にピークに達します。母乳による直接授乳を行わない場合、分娩後にプロラクチンが急速に減少し、乳腺も縮小して、バストがしぼみます。妊娠前と同程度のサイズに戻ることが多いですが、妊娠前より小さくなる人がいるのも事実です。

直接授乳を行う場合は、赤ちゃんが乳首に吸い付く刺激でプロラクチンが分泌されるので、分娩後もバストサイズが維持されます。断乳・卒乳後は急速にプロラクチンが減少し、直接授乳を行わなかった場合と同じようにバストが縮みます。

一度垂れた胸が戻らない理由

バストが縮むと、垂れも生じます。これはクーパー靭帯と皮膚がたるむせいです。

クーパー靭帯はバストの中に張り巡らされた結合組織で、バストの膨らみを上向きに支えて、その形を安定させる働きをしています。

クーパー靭帯はバストの大きさに合わせて伸びますが、妊娠などでバストが大きくなるとそれに合わせてクーパー靭帯は伸びます。クーパー靭帯は縮むことはないので、バストが小さくなるとたるみができ、バストを支える力が弱まって、バストが垂れます。

クーパー靭帯のたるみは自然に治ることはないので、産後の垂れた胸も自然に元に戻ることはありません。

産後にはバストの急な縮小で皮膚にもたるみが生じることがあります。皮膚のたるみは新陳代謝である程度は徐々に治りますが、程度によってはたるみが多少残ることがあるでしょう。

産後・卒乳後のバストに関するよくある悩み

産後のバストは、垂れだけでなくさまざまな悩みや疑問を生みます。

この章ではそういったよくある悩み・疑問について回答していきます。

授乳後(卒乳後)に胸や乳輪がしわしわになる理由は?

前述したように、妊娠すると女性ホルモンが増えることでバストが平均2カップ程度大きくなり、授乳が終わると徐々に元の大きさに戻っていきます。

バストが大きくなる際にバストの皮膚が伸びるため、卒乳後のバストの状態は妊娠前と全く同じではなく、皮膚が余ることで乳輪にしわができたり、肌のハリが失われたりします。

また卒乳後は女性ホルモンの崩れにより、肌が乾燥しやすくなることも影響しているため、できるだけ保湿を心がけることが大切です。

卒乳後に胸がなくなったと感じるのはなぜ?

繰り返しになりますが、妊娠〜授乳中はバスト全体で張りを感じるほど大きくなります。

卒乳後に「胸がなくなった」と感じるのは、妊娠〜授乳中の期間(約1年〜2年)の間で、大きい状態のバストに慣れてしまうことが原因だと言えるでしょう。

卒乳後にバストの大きさが小さくなることを理解していたとしても、予想以上に縮んでしまったり、妊娠前より小さくなったりすることで、戸惑う方も少なくありません。

卒乳後に胸を大きいままキープするのは可能?

卒乳後に胸が小さくなることは、自然の変化になるため完全に阻止することはできません。

ネット上では「卒乳後に胸を大きいままキープする方法」を紹介している人もいますが、科学的根拠がないものばかりで、母体への安全性も保証されていないため注意が必要です。

どうしても気になる方は、まず助産師や産婦人科の医師に相談してみると良いでしょう。

産後にバストアップした人はいる?

まれに、妊娠前のバストよりも大きくなったという方もいるようです。ただし具体的な理由や妊娠中の過ごし方は解明されていません。

産後にバストアップする方法は、手術のみです。豊胸手術であれば垂れ乳の改善も期待できます。豊胸手術の詳細に関しては後ほど詳しく紹介します。

産後にファッションを楽しむ方法は?

産後はバストの垂れやデコルテ痩せが目立つことで、妊娠前に着ていたお気に入りの服が似合わなくなってしまうことがあります。

その際は下記のような下着や服を選ぶのがおすすめです。

  • バストの垂れをカバーする下着
  • ボディラインが目立ちにくいワンピース
  • 胸の下に切り替えがあってメリハリを感じさせる服

世の中には産後ママ向けの服がたくさん販売されているので、こういった服を新たなファッションとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

産後(卒乳後)の垂れた胸を戻す方法①セルフケア編

垂れた胸を自分で治す方法として筋トレやマッサージ、ブラジャー(ナイトブラ)などが紹介されています。ですが、これらの方法で垂れた胸をもとに戻す効果はありません。

元に戻す効果はありませんが、全くやらない方と比較すると垂れの悪化を防ぐ可能性があります。ただし医学的根拠は不明であることを前提として知っておく必要があります。

それぞれの方法について詳しく紹介していきます。

産後に垂れた胸を戻す筋トレ

「バストを支えている大胸筋が衰えるとバストが垂れ、鍛えるとバストが上向きになる」と言われますが、バストは大胸筋の上に乗っているだけで、大胸筋に支えられているわけではありません。

そのためいくら大胸筋を鍛えても、バストはその上で垂れ下がったままです。

今後の悪化を防ぐという目的であれば、大胸筋だけでなく背中を鍛えるのがおすすめです。

ただしやり方によっては効果が見込めないため、取り入れる際はパーソナルトレーナーなど筋肉の構造に詳しいプロに指導を受けるようにしてください。

産後に垂れた胸を戻すマッサージや姿勢

マッサージには一時的に血行やリンパの流れを改善したり心身をリラックスさせたりする効果があるのみで、バストの垂れは改善できません。

反対に激しいマッサージを続けると、かえってクーパー靭帯を痛めて垂れを悪化させてしまう恐れがあります。バストアップクリームを取り入れても結果は変わりません。

ただし姿勢に関しては、意識することで悪化を防げる可能性があります。

産後は、授乳や家事などバストが下に向きやすい姿勢が中心となるため、授乳以外の時間は猫背にならないように背中をピンと張ることを意識するとよいでしょう。

産後に垂れた胸を戻すナイトブラ・ブラジャー

「正しいサイズのブラジャーやナイトブラを着用すると、下や横に流れてしまった脂肪をバストに戻して固定できる」と書いてある記事や広告を見かけますが、これは「ブラジャーをつけている間は固定できる」という意味で、本当に垂れが改善されるわけではありません。

ブラジャーには胸の垂れを予防する効果があるとも言われますが、医学的な根拠は不明です。

ただし下記のようなブラジャーを選ぶことで、垂れを目立たせなくすることは可能です。

  • リフトアップパネル(バストを持ち上げる)付きのブラ
  • 脇の肉が背中に流れないようになっている
  • ホールド力が高い

ブラジャーは着け方も大切なので、下着を購入する際は正しい着け方の指導を受けるようにしてくださいね。

産後(卒乳後)の垂れた胸を戻す方法②手術編

産後に垂れた胸を戻すには、手術を受ける必要があります。

豊胸術には主に下記の2種類があります。

  • 垂れ乳を上向きにする方法
  • バストを大きくして垂れをカバーする手術

それぞれ詳しく紹介していきます。

垂れ乳を上向きにする手術

垂れ乳バストを上げる手術は主に下記の4つです。

豊胸の種類

メリット

デメリット

料金相場

乳房吊上術

・術後すぐに効果が期待できる

・垂れを根本的に改善する

・引き上げる位置を調整できる

・ダウンタイムが長めで辛い

・傷跡や違和感が残る可能性がある

・糸の場合は、約12年程度しか持続しないことも

軽度~中等度:44万円~71万円

重度:110万円~154万円

乳房縮小術

・術後すぐに効果が期待できる

・大きいバストの悩みも改善できる

・ダウンタイムが長めで辛い

・傷跡や違和感が残る可能性がある

77万円~198万円

バスト・タイト(エンブレイスRF

・上記2つに比べてダウンタイムが短く負担も少ない

・傷跡が目立たない

・持続効果が長い

・加齢による変化は止められない

60万円~100万円

昔から行われている乳房吊り上げ術は、乳輪の周囲の皮膚をメスで切り取って、残っている皮膚と乳輪を縫合して乳房を引っ張り上げるという方法です。体の負担が大きく、目立つ傷跡が残りやすいという難点があります。

乳房縮小術は大きすぎる胸を小さくすることで重みを減らし、垂れを改善させますが、乳房吊り上げ術同様にメスを使用するため、体への負担が大きくダウンタイムも長くなります。

一方、バスト・タイト(エンブレイスRF)はメスを使用せず、高周波を当てて垂れを改善する治療法のため、大きな傷跡が残る心配がありません。

バスト・タイト(エンブレイスRF)に関しては後ほど詳しく紹介します。

バストを大きくして垂れをカバーする手術

バストを大きくする手術は主に下記の4つです。

豊胸の種類

メリット

デメリット

料金相場

成長再生豊胸

・効果が半永久

・ダウンタイムが1週間程度

・周りにバレにくい

・自然な見た目と触り心地

・導入しているクリニックが少ない

1回:約33万円~38万円※1

ヒアルロン酸注入豊胸

1回の料金が他治療よりお手頃

・デザイン性が高い

・ダウンタイムが1週間程度

・効果が一時的

・長期的効果を求めるとコスパが悪い

1ccの相場:2,0005,000
片胸150cc200cc上限が大半

脂肪注入豊胸

・部分痩せとバストアップが同時に可能

・自然な見た目と触り心地

・定着すれば効果は半永久期待

・脂肪が少ない方は受けられないことも

・しこりのリスクあり

・ダウンタイムが長めで辛い

150300cc:約50万円~150万円※2

シリコンバック豊胸

1回で大幅なバストアップが実現

・デザインの幅が豊富

10年に1回入れ替えが推奨されている

・ダウンタイムが長めで辛い

・カプセル拘縮などのリスクあり

最新:約100万円~130万円

旧式:約50万円~100万円

※1:南クリニックの場合

※2:脂肪吸引代を含む

上記の豊胸手術は垂れてそげてしまった部分のボリュームを補うことで、垂れバストをカバーします。

特におすすめなのは成長再生豊胸で、上がりが自然な上に半永久的な効果が期待できます。体への負担やダウンタイムも少ないため、育児で忙しい方にも人気の高い治療です。

>>南クリニックの成長再生豊胸の詳細を見る

産後に垂れて戻らない胸はバスト・タイトで

バスト・タイトは高周波の力でクーパー靭帯や皮膚を引き締める治療です。切開手術を行わないので、目立つ傷跡が残りません。

バストタイトの仕組みやメリット、おすすめの人を紹介していきます。

バストタイトの仕組み

細い針(カニューレ)の形をした電極をバストに差し込み、外側にも電極を当てて、電極の間に高周波を発生させます。

クーパー靭帯・皮膚の主成分であるコラーゲンに高周波が当たると、熱が発生し、熱によってコラーゲンが変化するため、直後は治療部位が少し腫れますが、しばらくするとコラーゲンが新しい形に生まれ変わって引き締まり、クーパー靭帯や皮膚が縮みます。

その結果、垂れていたバストが引き上げられ、皮膚のたるみも改善されるのです。

バスト・タイトのメリット

バストタイトは切開手術が不要なので、バストにダメージや目立つ傷が残りません。

カニューレを刺したところに小さな傷ができますが、徐々に傷の色が薄くなって肌と同じ色になります。

術後の痛みに関しては痛み止めの薬で十分対応できる程度なので、ダウンタイム中もほぼ普段通りに過ごせます。

またバスト・タイトは皮膚・靱帯そのものを変化させる治療なので、加齢による変化が起きない限り、効果が続きします。

バスト・タイトのデメリット(注意点)

術後、1週間程度は施術部位が腫れ、内出血が生じる人もいますが1~2週間で消失します。

一般的には術後すぐに垂れの改善を実感できますが、コラーゲンの変化は徐々に進むため、完全に効果が現れるには数ヶ月かかります。

バスト・タイトは加齢による変化は止められないため、クーパー靭帯や肌の状態が変化したことによって垂れやハリが失われるのは防げません。

またシリコンバックを挿入している方やヒアルロン酸を注入した直後の方は受けられないため、注意が必要です。

バスト・タイトがおすすめの人

バスト・タイトが向いているのは下記のような方です。

  • 垂れ乳を上向きにしたい
  • 切開せずに改善したい
  • ダウンタイムの時間があまり取れない
  • 大きな傷跡を残したくない
  • 治療後の痛みが心配な方

バスト・タイトは治療時間が30分〜1時間程度で、ダウンタイムが短い治療のため、産後で忙しい方も検討しやすい治療です。

>> 胸の垂れに効果的な新メニュー「バスト・タイト」の詳細はこちら
>> 南クリニックでは成長再生豊胸モニター募集中 !!

まとめ

  • 産後(卒乳後)にバストが垂れるのは、妊娠中〜授乳時に大きくなったバストが縮小し、バストを支えているクーパー靭帯や皮膚にたるみが生じることが原因。
  • バストを支えているクーパー靭帯のたるみは自然に治らないため、一度垂れた胸も自然に元に戻ることはない。
  • 卒乳後に胸が小さくなることは、自然の変化なので、完全に阻止するのは不可能。ネット上では「卒乳後に胸を大きいままキープする方法」を発信している人もいるが、母体への安全性が保証されていないため注意が必要。
  • 垂れた胸を自力で治す方法として筋トレやマッサージ、ブラジャー(ナイトブラ)などが紹介されているが、医学的根拠は不明で実際に改善するのは難しい。
  • 産後に垂れた胸を確実に戻すには、豊胸手術が必要。バストを大きくする方法なら「成長再生豊胸」、垂れ乳を上向きにする手術なら「バスト・タイト(エンブレイスRF)」がおすすめ。
この記事をシェア!

成長再生豊胸には、
成長再生豊胸F成長再生豊胸W
2種類があります。

当院には、
成長再生豊胸の他に脂肪注入法
もあります。

関連コラム

無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。
お問い合わせフォーム 無料カウンセリング予約