MENU

コラム

column

公開日2021.11.12最終更新日2021.12.06豊胸Q&A

寝る姿勢でバストの形は変わりますか?

                 

ご相談者様

寝る姿勢が悪いとバストの形が崩れると聞いたのですが、本当ですか? ブラジャーを着けて寝ると窮屈なので、これまで着けていませんでした。ナイトブラはやはり必要でしょうか?

結論から申しますと、寝る姿勢はあまり気にしなくてよいでしょうね。

そうなんですか? うつ伏せや横向きで寝ると胸の脂肪が外側に流れてしまうと聞いたのですが…。

そのようなことは考えられませんね。脂肪はそんな簡単に乳房の外に移動しません。年齢とともに胸の脂肪が垂れ気味になるということはありますが、それはあくまで乳房のなかで起こることです。

寝る姿勢が悪くて胸が垂れることはないのでしょうか?

バストが張りのある丸い形を維持できるのは、クーパー靱帯の支えのおかげです。胸に非常に強い衝撃が加わったり、強い刺激を繰り返し与えたりすると、クーパー靱帯がダメージを受ける恐れはあります。

うつ伏せで寝たり、横向きで寝て乳房が胸に押しつけられたりすれば、確かにクーパー靱帯に多少ストレスがかかります。胸が垂れる要因にまったくならないとは言い切れませんが、他の要因の影響のほうがはるかに大きいでしょう。

どのような要因があるのですか?

一番大きいのは、加齢です。年齢とともにクーパー靱帯はたるんでいきます。また、ホルモンバランスの変化で乳房のなかの脂肪の割合が大きくなり、胸の柔らかさが増して、重力の向きに流れやすくなります。

バストの老化は早ければ20代には始まり、まず胸の上部のボリュームが失われます。次に、バストの下部がたわんで乳頭が下向きになり、最後には胸が外側に流れ、全体的に下に落ちていきます。

あとは、妊娠して大きくなったバストが授乳期を終えて小さくなると、垂れが目立つことがよくあります。クーパー靱帯はバストサイズに合わせて伸びますが、縮むことはほとんどないので、大きくなった胸が小さくなると、クーパー靱帯がゆるんで胸が垂れてしまいます。

ダイエットでバストの脂肪が落ち、大幅にサイズダウンした場合にも、同じことが起こります。

ブラジャーを着けていれば、加齢などの影響は小さくできるのでしょうか?

科学的には、まだはっきりわかっていないと言うべきでしょうね。ブラジャーはクーパー靱帯をストレスから守り、胸が垂れるのを防ぐと言われてきましたが、科学的には決着がついていません。

ブラジャーを着けていてもクーパー靱帯にかかるストレスは100%は防げないですし、若い女性の場合はブラジャーがクーパー靱帯の成長を妨げ、かえって胸が垂れる原因になるとする研究すらあります。

寝ている間は着けないでいいのなら、そうしたいです。まったく着けないというのは抵抗がありますが…。

なるべく締め付けのない、適度なサイズのブラジャーを着けるということにしてはいかがでしょうか。ブラジャーで胸を締め付けると、クーパー靱帯にとってストレスとなり、バストの老化を早める恐れがあります。

ナイトブラは必要というわけではありませんし、自分に合わないものを無理に着けて睡眠の質が下がる方がバストによくないでしょう。

もし胸が垂れたり、形が崩れてしまったりしたら、治す方法はあるのでしょうか?

その場合は、豊胸術を受けるということになりますね。クーパー靱帯がぴんと張った状態によるように、豊胸術でバストを大きくします。

マッサージや筋トレ、サプリメントなどではだめでしょうか?

そうですね。マッサージは、クーパー靱帯にストレスを与えることはあっても、胸の形をよくする効果はないでしょう。

胸は筋肉でできているわけではないので、筋トレもバスト自体には効果はありません。猫背だと余計垂れて見えるので、それを治すために筋トレをするというのならよいかもしれません。

サプリメントや食事では、胸の成長に必要な決定的な要素が補えません。

それは何でしょうか?

成長因子です。女性ホルモンが胸の細胞にある成長因子に働きかけることで、バストの成長は起こります。思春期や妊娠期を除けば、胸の細胞で成長因子が活発に働くことはないため、いくら胸の細胞に栄養を与えたり、女性ホルモンを活性化したりしたところで、バストアップは望めません。

この成長因子を胸に注入してバストアップを行うのが、成長再生豊胸という豊胸術です。胸に何かを詰めてかさ上げするというのではなく、成長因子の働きにより胸の成長を促します。

成長再生豊胸では形も感触も自然なバストを生み出すことができます。胸の形が気になるようになったら、ぜひ成長再生豊胸を検討してみてください

まとめ

・寝る姿勢は気にしなくてよい。

・胸の形はクーパー靱帯の働きで保たれている。

・うつ伏せや横向きで寝たからと言ってクーパー靱帯が大きなダメージを受けるとは考えにくい

・ナイトブラは不要だし、日中のブラも必要ではない可能性がある。胸の形が気になるなら成長再生豊胸がおすすめ。

成長再生豊胸には、
成長再生豊胸F成長再生豊胸W
2種類があります。

当院には、
成長再生豊胸の他に脂肪注入法
もあります。

関連コラム

無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。
閉じる
無料カウンセリング
ご予約
お問い合わせ