MENU

美容外科 南クリニック/豊胸、成長再生豊胸

南クリニック

           
カウンセリングご予約はこちら
渋谷
03-5468-7595
受付時間
                 
11:00~19:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
                 
10:00~19:00

コラム

column

2019.12.23豊胸基礎知識

                 

豊胸手術は時間がかかる?忙しい人に向いている最先端の豊胸術とは?

※「バストグロウ」は「成長再生豊胸」と同一です。

                 

美しさは手に入れたいけれど、仕事やプライベートの予定が詰まっていて、まとまった時間を取りにくい……。そんな人たちのために、最近は「プチ整形」と呼ばれる、簡単な美容クリニックの施術が増えてきました。

顔にヒアルロン酸を注入してふっくら若返らせる、シワを目立たなくするためにボトックスを注射する、といった施術は、料金が手ごろなだけでなく、施術時間やダウンタイムが少ない点もメリットとなり、各クリニックでも人気になっています。

ただし、こうした手軽な施術は「一時しのぎ」であることを忘れてはいけません。簡易的なものであればあるほど、効果の継続は短く、結局は何度も施術を受けなければ美しさを保つことはできません。

豊胸術でも同様で、施術時間が短くダウンタイムが少ないものは、美しいバストを維持できる期間に限りがあるというのが、これまでの常識でした。美しさを長持ちさせるには、メスを使う手術を行うとか、施術のために事前通院が必要になるなど、時間的にも体力的にもある程度の犠牲をはらう必要があったのです。

その常識を覆す、豊胸術が誕生しました。

事前準備の必要なく、施術は短時間、ダウンタイムもほとんどない、それにも関わらず「永遠に保つ」豊胸術です。

その名は「成長再生豊胸」。ネーミングからも分かる通り、「バストを成長させる」というまったく新しいコンセプトの豊胸術です。

仕事や家事の合間の1時間程度で十分施術が受けられます。しかも、豊胸効果は「永遠」。これまでの手軽な豊胸術、ヒアルロン酸注入法のように、バストのボリュームが消えてなくなることはありません。

今回は、これまでの豊胸術と成長再生豊胸の違いを、時間的な観点から比較していきます。

代表的な4つの豊胸術…手術時間が短くて手軽な方法は?

代表的な豊胸術にかかる「日数」と「時間」を見ていきましょう。

どの方法でも、術前にカウンセリングが必要になります。カウンセリングによって、施術方法、バストデザイン、予算の相談、リスクの説明などが行われ、施術日を決定します。ですから、以下に示す必要日数以外に、カウンセリングが1日必要になるのが一般的です。

《シリコンバッグ挿入法》術前、術後にも通院の必要がある

術前検査

豊胸術でもっともポピュラーな方法は、「シリコンバッグ挿入法」でしょう。生理食塩水やシリコンジェルなどが入ったシリコンバッグを、バストの内部におさめてボリュームを出す方法です。シリコンバッグの挿入のためには体にメスを入れる必要があり、全身麻酔や硬膜外麻酔を使った手術が必須となります。麻酔は体への負担が小さくありません。事前に心電図や血液の検査で、麻酔や手術に適合するかどうか確認する必要があります。

手術当日

手術時間はクリニックやドクターによってまちまちですが、2~3時間というのが一般的です。術後は、3時間程度院内で休み、当日帰宅できるケースが多くなっていますが、乳癌摘出後の乳房再建など、おおがかりな豊胸術では、入院が必要になる場合もあります。

痛みと術後の入浴

術後は血腫の形成を予防するために、バンドなどを使ってバストを強い力で圧迫します。クリニックにもよりますが、その期間は3日~1週間程度です。また、術後3日~2週間くらいは、強い痛みを感じる人が多く、手術日を含めて、最低でも4日程度は仕事を休む必要があると考えておくのが妥当でしょう。

シャワーは手術の翌日まで禁止、バスタブに入るのは1週間後から。豊胸術とは言え、完全に手術なので、感染症を防ぐためにも、この辺りは厳格に守るようにしたいものです。

術後の通院

術後、1週間でシリコンバッグを挿入した部位の抜糸が行われます。加えて、シリコンバッグの位置の確認など、手術後には数回の通院をすすめられます。

以前は、術後、数ヵ月にわたってマッサージのために通院する必要がありましたが、近年はマッサージ不要のシリコンバッグが増えてきています。もちろん、挿入したシリコンバッグの種類によっては、定期的にマッサージのための通院や、自身で痛みに耐えながらマッサージをする必要があります。

ダウンタイム

手術後は2週間程度、腫れや内出血が続きます。メスを入れるので、術後の痛みは、どの豊胸術よりも大きいと考えてください。

内出血のせいで、バストの皮膚が紫色や黄色っぽく変色することがあります。旅行などは考慮して計画したほうが良いでしょう。

《脂肪注入法》意外に長いダウンタイム

術前通院

自身の太ももやヒップなどから脂肪を採取(脂肪吸引)し、加工したうえでバストに注入する豊胸術です。脂肪を採取する範囲が広い、あるいは2ヵ所以上から採取する場合には、全身麻酔を行うケースがあります。全身麻酔が必要だと判断されると、施術前に心電図や血液の検査を行います。また、脂肪を採取(脂肪吸引)をバストへの注入の前日までに行うクリニックでは、採取のためにプラス一日通院する必要が出てきます。

施術当日

ほとんどのクリニックでは、脂肪採取(脂肪吸引)と注入を同日に行います。脂肪採取はボディデザインや術後のボディラインを考慮して、慎重に行う必要があり、1時間以上の施術時間が必要になります。

採取した脂肪は、機械や薬品を使って加工するので、その間、患者さんは院内で待つことになります。南クリニックでは脂肪の加工時間は30分程度です。

バストへの注入は、しこりの予防や、バストデザインを理想の形にするために、丁寧に行います。施術時間は30~1時間が目安です。バストへの注入が早いことをウリにしているクリニックは、術後トラブルの危険性があるので気をつけてください。

術後の通院

脂肪採取した部位の傷や、脂肪注入後のバストの状態を確認するために、手術翌日と術後1週間目くらいに来院をすすめられます。

ダウンタイム

人によっては1週間程度、軽い痛みを感じることがありますが、痛み止めで対処できる程度です。バストが張ったような感じも1週間くらい続きますが、その後落ち着きます。まれに、内出血でバストの表面がうっすらと黄色になることがありますが、2週間から1ヵ月程度できれいに消えるので心配はありません。

脂肪採取した部位では、3日から2週間程度、筋肉痛に近い痛みが続きます。痛み止めは処方されますが、痛みに弱い人では少しつらく感じるかもしれません。

シャワーは翌日から、バスタブにつかるのは1週間後くらいを目安にします。細胞採取した部分の傷を考慮して、激しいスポーツは2週間くらい控える必要があります。

《ヒアルロン酸注入法》もっとも簡易的な豊胸術。ただし、効果は一時的

術前通院

特別な通院は必要ありません。電話予約をしておけば、術前の通院をせず、初診のカウンセリング日に、すぐに処置を受けることのできるクリニックもあります。

施術当日

バストのデザインを決め、カニューレでヒアルロン酸を注入するだけ。スムーズに進めば、受付から会計まで1時間以内で完了です。基本的には局所麻酔で施術は行われ、術後すぐに帰宅できます。ただし、痛みに弱い人や、不安の強い人の場合に、眠る麻酔を使用することもあります。その場合には、安全性を確保するため、事前の検査と、麻酔から覚醒するまで、1~3時間程度、院内で休む必要が生じます。

術後の通院

アフターケアのために通院をすすめる場合もありますが、基本的には術後の通院は不要です。ただし、ヒアルロン酸注入法は、長期間、術後のバストを保てる豊胸術ではありません。バストの形や大きさを維持するためには、定期的に来院して注入を続ける必要があります。

ダウンタイム

数日間、バストが張ったような感覚と、痛み止めで対処できる程度の痛みを感じる人もいます。1週間ほど張りが続き、同時に、注入されたヒアルロン酸が水分を含み、さらにバストが大きくなります。1ヵ月ほどすると落ち着き、そこからは徐々にヒアルロン酸が体内に吸収されていきます。

ヒアルロン酸を注入した部位の感染症を予防するため、1~2日はシャワーのみの入浴。3日目以降からバスタブにつかるように指導されることが多いでしょう。きれいなバストの形をつくるために、術後数週間は、うつ伏せで寝ることは避けるようにします。

《成長再生豊胸》短時間、しかも術後が圧倒的にラク

術前通院

成長再生豊胸をすると決断できている場合には、事前の通院は必要ありませんが、できれば施術前にカウンセリングを行い、納得したうえで、施術の予約を取ることをおすすめします。

施術当日

注射をするだけの簡単な施術です。注入には局所麻酔を含めて片胸で10分あれば十分です。

ただし、成長再生豊胸には2種類の方法があり、より、早くバストを大きくしておきたい場合には、患者さん自身の血液を採取して注射液を作成する「成長再生豊胸F」があります。こちらを選択する場合は、注射液を作成するまでの30分間は院内で待つ必要があります。

術後の通院

特別に変わった様子がなければ、術後の消毒の必要はなく、通院も不要です。

ダウンタイム

術後1週間は、麻酔薬や注射による刺激の分、バストが膨らみます。その後、一旦、バストが小さくなったように感じるかもしれませんが、術後2週間経つと、徐々にバストサイズがアップし始めます。

術後、注射した部位の痛みを感じる人もいますが、数日で消失します。バスト内で細胞が活発に活動を始めるので、生理のときのように、チクチクしたわずかな痛みを感じることがありますが、バストが成長している証なので心配はありません。

入浴に関しては、施術当日はシャワーのみ、翌日からはバスタブにつかっても問題ありません。スポーツは激しいものでなければ当日もOKです。

表:豊胸術別「必要な通院日数と術後のケア」

カウンセリング当日にも施術できる「成長再生豊胸」

「豊胸術=手術」というのが、これまでの一般的な認識でした。

確かに、全身麻酔や硬膜外麻酔を施し、半日程度かけて行うこれまでの豊胸術は、時間的な問題はもちろん、術後の体の回復にも時間のかかるものでした。

しかし、最新の豊胸術である「成長再生豊胸」は、カウンセリング当日でも、予約さえしてあれば施術が可能です。仕事帰りや、ショッピングの合間でも施術可能。受付から会計まで含めても、1時間あれば十分です。

ですから、忙しい女性にはもっとも適した豊胸術と明言できます。

一日で施術が終わる豊胸術には「ヒアルロン酸注入法」もありますが、ヒアルロン酸は一時的な豊胸で、自分のバストの中身として永遠に残ってはくれないので注意してください。

術後ケアが手軽なのは、「自分のバストを成長させる」から

上記の表を見てもらうとわかる通り、成長再生豊胸は、術後のケアが他の豊胸術と比べて圧倒的にラクであり、気をつかわなくてすみます。施術当日からシャワーを浴びることができますし、翌日からはバスタブにつかることも可能です。働く女性にとっても、子育て中のママにとっても、入浴は欠かせない生活の一部です。豊胸術によって、シャワーを制限されないというのは画期的とも言えるでしょう。

それにしても、なぜ、成長再生豊胸は術後のケアがこれほどまでにラクなのでしょうか。

それは、成長再生豊胸が、何かを入れて盛り上げる豊胸術ではないからです。

注射液の中身は、バストが成長するための「成長因子」です。患者さん自身のバスト内にある、脂肪細胞や乳腺が、成長因子の働きかけによって活性化し、細胞の数を増やしていくのです。

自分のバストであるからこそ、特別なケアは不要なのです。唯一、お願いしたいことは、これまでよりもブラジャーのサイズをあげてもらうこと。徐々に大きくなっていくバストに合わせて、バストを十分に包み、支えられるブラジャーを用意しておきましょう。

関連コラム

無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
閉じる
無料カウンセリング
ご予約
お問い合わせ