電話ボタン MENU

コラム

column

公開日2022.02.15最終更新日2022.02.15豊胸基礎知識

豊胸するなら冬がいい!?

                 

豊胸手術を受けるなら「冬がベスト」という話がありますが、いったいどういう理由があるのでしょうか。豊胸と季節の関係をわかりやすく解説していきます。

豊胸するなら冬がいいと言われるわけ

他の季節より冬が豊胸に適していると言われるのは、次のようなメリットがあるためです。

 ①傷を隠しやすく、豊胸したことがバレにくい
 ②露出が増える季節までにバストアップを完了できる
 ③蒸れにくく快適で、感染症が発生しにくい

以下、それぞれのメリットについてくわしく解説します。

冬に豊胸するメリット① バレにくい

豊胸のダウンタイムは冬に乗り切るのがいい

豊胸手術を受けると、しばらくの間はわきや胸に目立つ傷跡が残ったり、痛みや内出血が続いたり、胸を保護するためのサポーターを装着しなければならなかったりすることがあります。

こうしたものを人に気づかれないようにするためには、なるべく露出を避け、上着や羽織りものを着て過ごすのが賢明です。

しかし、暑い季節に厚着で過ごすのはつらいですし、人に変な目で見られてしまうこともあります。

豊胸手術を受けてから体のダメージが回復して普通の生活に戻れるようになるまでの期間をダウンタイムと言いますが、ダウンタイムが冬の間か春の初めまでに終わるようにすると、薄着の季節にはきれいな体を露出することができます。

豊胸術の概要とダウンタイムをまとめると以下のようになります。

 

手術方法

ダウンタイム

症状

シリコンバッグ挿入法

脇などを切開し、シリコンバッグを挿入

2か月程度

・挿入部位の激痛~強い痛み

・切開部からの出血

・胸部の内出血・腫れ

脂肪注入法

他の部位から脂肪を吸引し、胸に注入

2週間~1か月程度

・脂肪吸引部の強い痛み

・脂肪注入部(胸)の軽い痛み

・胸部の強い内出血・腫れ

ヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸を針で注入

ほぼなし

(1か月程度は運動が制限される)

以下の症状が見られることがある

・筋肉痛のような痛み

・注入部位の内出血

・胸部の違和感

成長再生豊胸

成長因子を針で注入

ほぼなし

以下の症状が見られることがある

・注入部位の内出血

・胸部の違和感

冬は豊胸のビフォー・アフターが目立ちにくい

シリコンバッグ挿入・脂肪注入・ヒアルロン酸注入で豊胸すると、手術前後でバストのサイズや見た目が大きく変わります(軽い豊胸であれば目立たないこともあります)。

薄着の季節に豊胸すると、急に胸が大きくなったのが丸わかりで、周囲の人に気づかれてしまいます。

厚着の季節であればバストサイズが目立たないような格好で通すことができ、バストの変化を人目から隠せます。

次の薄着のシーズンが来た頃には、前の薄着シーズンから大分経っているので、あなたのバストに対する周囲のイメージ(記憶)は薄れています。そのため、冬の間に豊胸しておけば、せいぜい「意外に胸が大きい人なんだな」と思われる程度で済むでしょう。

ごく身近な人であれば、バストの変化に気づくこともあるでしょう。それを防ぐには、一度にあまり大きくせず、何回かに分けて段階的にサイズを上げていくという方法があります。

これらの条件を満たすうえで最も良いのは、バストを自然に発育させる成長再生豊胸を選択することです。

冬に豊胸するメリット② 時間的余裕がある

バストのサイズが目立つのは何と言っても薄着や水着になる季節です。それまでに大きな胸を手に入れておきたいのであれば、ある程度の時間を見て、前もって手術を受ける必要があります。

ダウンタイムが長引いたり、何らかのトラブル(感染症やしこり形成など)が起こったりする可能性を考えると、時間の余裕は大きくとっておきたいところです。

冬に手術を受けておけば、春や初夏に間に合わせることができるでしょう。もちろん秋でも構わないのですが、バレにくさという点ではより厚着になる冬が適しています。

冬に豊胸するメリット③ 蒸れにくく、感染しにくい

シリコンバッグ挿入法の場合、切開部を縫い合わせた糸を抜くまでに1週間ほどかかり、その間、シリコンの位置を固定させるためにバンドや包帯で固定した状態で過ごします。

脂肪注入法でも、手術直後は脂肪吸引部位を包帯・バンドで固定し、その後もしばらくの間は専用の下着やハイウエストガードルなどで圧迫し続ける必要があります。

そのため、夏だと汗などで蒸れて不快になり、肌にトラブルが生じる恐れもあります。

また、傷口が感染症にかかるリスクも暑い時期の方が高くなります。手術時の消毒や抗生剤投与などをしっかり行えば豊胸手術で感染するリスクはかなり低いものの、冬のほうが安全なのは確かです。

季節に関係なく受けやすい豊胸術は?

豊胸を受けるのは冬がベストだとは言っても、人それぞれさまざまな事情があって、そうそう自由に時期を選ぶことはできない人が多いでしょう。

すぐに大きくなる方法は厚着の季節でないとバレやすいので、季節に関係なく受けやすい豊胸術を考えるのであれば、即効性はあきらめ、時間をかけて大きくする方法をとることになります。

それには、何段階かにわけて脂肪注入・ヒアルロン酸注入を行う方法と、成長再生豊胸があります。

ヒアルロン酸は感触が硬くて不自然なため、ヒアルロン酸注入法はその点でバレやすい豊胸術です。夏場の蒸れは心配ありませんが、手術時にできた炎症から感染症を起こすことがあります。しこりになりやすいことも知られています。

脂肪注入法で得られたバストは柔らかめではあるものの、かなり自然な形・感触になります。しかし、ダウンタイムが比較的長く、蒸れや感染症の問題もあります。手術方法がまずいとしこりになる危険もあります。

成長再生豊胸はバスト自身の発育を促してサイズを大きくする方法で、見た目・感触ともに自然そのもののバストが得られます。ダウンタイム、蒸れ、感染症、しこりなどの問題がないのもメリットです。

ただし、成長再生豊胸は自然な発育を後押しする方法なので、豊胸が完成するまである程度時間がかかり、個人差にも左右されます。

多くの女性にとって、豊胸の目的はただ大きくすることではなく、美しく大きくすることのはずです。その意味で、成長再生豊胸でじっくり「育乳」するのが最もおすすめの方法です。

まとめ

  • 豊胸に冬が適している理由は、バレにくく、時間的余裕があり、蒸れにくいこと。
  • 厚着でバストを隠せるので、豊胸したことがばれにくい。
  • 薄着・水着の季節までに余裕がある。
  • サポーターなどが蒸れにくく、感染症のリスクも低い。
  • バストアップにある程度時間をかけてもよいなら成長再生豊胸が最もおすすめ。

成長再生豊胸には、
成長再生豊胸F成長再生豊胸W
2種類があります。

当院には、
成長再生豊胸の他に脂肪注入法
もあります。

関連コラム

無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。