MENU

美容外科 南クリニック/豊胸、成長再生豊胸

南クリニック

           
カウンセリングご予約はこちら
渋谷
03-5468-7595
受付時間
                 
11:00~19:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
                 
10:00~19:00

コラム

column

2019.11.19成長再生豊胸

時間をかけて育てる「成長再生豊胸W」術後気をつけるべきこととは?

バストを大きくしたいけれど、ある日突然バストが大きくなるのは絶対に避けたい。豊胸したことはバレたくない。そんな人向けに開発された豊胸術が「成長再生豊胸W」です。2~3ヵ月かけて段階的にバストが成長する、これまでの豊胸とは一線を画す豊胸術。周囲に気づかれることなく、自然なバストアップが可能になります。

施術はバストを成長させる注射をするだけ。準備を含めても30分程度の施術で終わります。あまりに施術が簡単なだけに「術後のケアが大変なのでは?」と心配する患者さんも少なくありません。そこで、今回は成長再生豊胸Wの術後ケアについて解説します。

術後翌日から入浴や運動を始められる

シャワーは当日、入浴は翌日からOK

成長再生豊胸Wはバストの成長因子などを適切に調合した注射液を、バストの皮下脂肪層に注射する施術です。現在、日本で実施されている豊胸術のなかでは、群を抜いて体への侵襲が少ない施術と言えるでしょう。

入浴に関しては、施術当日はシャワーならOKです。注射だけとはいえ、皮膚には針孔があるので、一日だけは湯船につかるのは避けてもらうようにしています。

また、人によっては注射液に反応して、バストが少し熱を持ったり、若干の痛みを感じたりする場合があります。バスタブのお湯につかると、血行が良くなり、そうした症状を強く感じてしまうことがあります。

翌日以降であればスーパー銭湯や温泉に行っても問題はありません。ただし、注射をしたことで、バストに内出血の症状が出ることがあります。うっすらと紫色や黄色に皮膚の色が変化するだけですが、人目が気になる人は、内出血が完全に消える術後2週間以降に、温泉旅行などは計画したほうが良いでしょう。

運動はいつからでも再開できる

成長再生豊胸Wの施術をしたからと言って、運動を制限する必要はありません。ジョギングやジム通いが習慣になっているのであれば、施術当日に行って大丈夫です。

ただ、注射をした針孔部分から細菌感染する可能性を考えると、大量の汗をかくような運動は、術後3時間は控えたほうが無難です。

成長再生豊胸Wは他の豊胸術に比べ、患者さんの体への負担はとても少ないものですが、施術に対する緊張や疲れは少なからずあるでしょう。そうしたことを考えると、当日は運動を控えてゆっくり休息をとり、翌日は少し弱めの運動を、そこから1週間くらいかけて、元々の運動の負荷に戻していくのが理想です。

体重が落ちないように注意

成長再生豊胸Wを受けた後は、体重が落ちないように気をつけてください。成長因子をバストに注入して脂肪や乳腺を育てる施術なので、血液から栄養がしっかり送られてくる必要があります。栄養バランスに気をつけて、 カロリー源として、特に良質なタンパク質が不足しないようにしましょう。

そういった意味で、成長再生豊胸Wの施術後、極端なダイエットは控えてください。特にやせ型の人は注意が必要です。

豊胸術を望む人には、やせ型の人が多くいます。成長再生豊胸Wは自身の脂肪を使うことがないので、やせ型の人にとって、うってつけの豊胸術でもあるのですが、やせ型で少食な人は、施術後のバストの成長に影響します。意識してしっかり食べるように心がけてください。

睡眠を十分に取る

「成長ホルモン」という言葉を聞いたことがあると思います。読んで字のごとく、体を成長させるホルモンとして知られ、子どもの頃には十分な成長ホルモンが分泌される必要がありました。この成長ホルモンが、子どもだけでなく、大人にとってもとても重要な役割を担っていることはご存知でしょうか。

その役割とは、体の中でエネルギーをつくり出し「代謝を高める」ことです。代謝が高ければ、新しい細胞をつくり出す能力もアップします。成長再生豊胸Wの施術でバストが成長しようとするときも、代謝が良い人ほど、高い効果が期待できます。つまり、成長ホルモンが十分に分泌されるような生活を送る必要があるのです。

そのためには質の良い眠りが欠かせません。

成長ホルモンは就寝後2〜3時間経過し、深い睡眠の状態になると分泌されることが知られています。特に分泌が盛んになるのが、夜の10時から深夜2時ごろと言われているので、できれば夜は11時までには就寝し、成長ホルモンの恩恵をたっぷり受けられるようにしたいものです。

また、深く質の良い眠りのためには、眠る2時間前からはスマホやパソコンなどのブルーライトを避けたり、食後2時間以上経過してから眠ったりなどの工夫も必要です。

特殊なブラジャーは必要ない

サイズに余裕のあるブラジャーを用意して

患者さんからの質問で多いのが、「成長再生豊胸Wの施術後は、バストの形を整えるような特殊なブラジャーが必要ですか?」というものです。結論から言えば、特別なものは必要ありません。ただし、術後は麻酔薬と注射液によってバストの体積が増加し、術前のブラジャーではバストがおさまらない可能性があります。余裕のあるサイズのものを持参するのが望ましいでしょう。

ブラジャーにはワイヤーが入っていても、入っていなくても構いませんが、成長再生豊胸Wは成長期のように自分のバストが育っていく施術です。日を追うごとにバストサイズに変化が生まれるので、常にサイズにあったブラジャーを選び、バストが成長しやすい環境をつくることは大切です。

成長再生豊胸Wの術後、ナイトブラは必要か?

バストを成長させるために、就寝時にもブラジャーをつける必要がある。そんな宣伝文句で「ナイトブラ」が販売されているのを目にすることがあります。本当でしょうか。

答えはNO。残念ながら、ブラジャーでバストを大きくすることはできません。バストを大きくするには脂肪の量を増やす以外にはないのです。

だからといってナイトブラが不要かと言えば、そういうわけではありません。大きさの問題よりも、バストが垂れることを防ぐために、ナイトブラは着けたほうが良いのです。

そもそも脂肪のかたまりであるバストが、なぜ山型を維持できているかと言えば、「クーパー靭帯」というコラーゲン繊維の束が支えてくれているからです。クーパー靭帯が伸びたり、切れたりすると、バストが垂れたり、左右に離れた形になったりします。

クーパー靭帯が損傷する原因には、激しい運動、妊娠出産授乳などがあげられますが、もっとも大きな要因とされるのが下着の問題です。クーパー靭帯に負担をかけ過ぎないためには、ジャストサイズのブラジャーを正しくつけることが重要になります。

就寝時もブラジャーで支えておかないと、バストの脂肪が横に流れ、クーパー靭帯が引っ張られてしまいます。ソフトタイプで構いませんから、バストの重みをブラジャーで支えるようにしましょう。成長再生豊胸Wの施術の後は、バストが成長して、今まで以上にクーパー靭帯に負荷がかかるので、ナイトブラはぜひ使用してください。

術後に胸が張るのは成長している証拠

術後、一時的に胸が予想以上に大きくなる

成長再生豊胸Wの注射を受けた直後、バストは麻酔液と注射液で大きく膨らみます。その大きさはあくまでも仮の姿なので、「大きくなり過ぎた」と驚く必要はありません。バストが成長するための注射が、しっかりバストに注入されたことを示しています。

一週間後から、バストの成長が目に見え始める

術後7日ほど経過すると注射液による膨らみがひき、一旦、施術前のバストサイズに近づきます。その後、バスト内部の組織細胞が成長し数を増やしていくことで、少しずつ豊胸の効果が現れてきます。下垂気味のバストの人の場合、大きくなるよりも先に、バストのたるみが改善することを感じるかもしれません。

術後胸が張るようになっても問題ない

術後の膨らみが落ち着いたあとも、生理の期間ではないのに胸が張るように感じることがあります。これは異常ではなく、バストが成長していることを意味します。

成長再生豊胸Wを受けたことで、バスト内部の脂肪やその他の組織が成長し、ホルモンの影響を受けやすくなっているのです。思春期にバストが成長するとき、胸が張ってチクチクした痛みを感じた経験のある人もいると思います。順調に成長因子がバスト内部で働いて、バストが成長している証拠だと捉えてください。

胸の張る感覚には個人差があるので、「張っているのがわからない」という人もいますし、「痛いほど張る」という人もいます。バストが成長していく段階の一時的な感覚なので、「張る、張らない」は気にする必要はありません。

成長再生豊胸Fとの違いは性周期が乱れないこと

成長再生豊胸には、自身の血液を採取して注入液をつくる「成長再生豊胸F」という施術もあります。成長再生豊胸Fの場合、注入によって女性ホルモンの影響を受け、術後10日から2週間後に生理が来ます。一方、成長再生豊胸Wは性周期を乱すことがないので、より自然な豊胸術だと言えるでしょう。

次の施術まではどれくらい待てば良い?

成長再生豊胸Wは、一度の施術で満足できるほどの豊胸効果とはなりません。たいていの人が5回以上の施術を行っています。

1回の施術では、平均して約30㏄分の豊胸効果が期待できますが、回数を重ねるごとに、バストアップ効果は増大していきます。理由は、バストの組織内の細胞が増殖している点にあります。細胞の数が増え、それらがまた成長因子によって増殖するわけですから、1回目よりも2回目、2回目よりも3回目と、豊胸効果が上がっていくのです。

では、施術と施術の間隔はどれくらいあければ良いかというと、最短2週間で可能です。性周期を乱す成長再生豊胸Fは、4週間以上、施術の間隔をあけなければならないので、この点はメリットと言えます。

しかし、必ずしも2週間で次の施術をする必要はありません。間隔があいたからといって、豊胸効果に影響がでるわけでないのです。

また、成長再生豊胸Wの豊胸効果は、最終結果に到達するのに、3〜6カ月かかることがあります。まず、数回の施術を3〜4週間隔で行い、3カ月ほど様子を見てから、「もう少し大きくしたい」と思ったら、再施術を決断しても良いのです。

まとめ

成長再生豊胸Wの術後に気をつけて欲しいことを以下の通りまとめました。いずれも簡単なことですが、ちょっと気をつけるだけで、バストの育ちがアップします。参考にしてください。

  • 施術当日の入浴はシャワーのみにする
  • 運動は施術当日からOKだが、大量の汗をかく運動は術後、最低3時間経過してから
  • 術後はブラサイズがアップするので、サイズに余裕のあるブラジャーを持参する
  • 極端なダイエットは控える
  • バランスの良い食事をする
  • 早寝と良質な睡眠を確保する
  • 術後はナイトブラを着用したほうが良い
  • 施術と施術の間隔は、2週間あければOK

関連コラム

無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
閉じる
無料カウンセリング
ご予約
お問い合わせ