電話ボタン MENU

コラム

column

公開日2022.07.13最終更新日2022.08.01豊胸基礎知識

男性なのに胸が膨らむ…「女性化乳房」はなぜ起こる?

                 

男性でも女性のような乳房ができることがあり、「女性化乳房」と呼ばれます。

女性化乳房にはいくつかの原因があり、原因ごとに治療法が異なります。

女性化乳房とは

女性は思春期になると女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きで乳腺が発達し、女性らしい膨らんだバストを持つようになります。

男性の体にも女性ホルモンはありますが、男性ホルモンのほうが圧倒的に多いため、通常であれば乳腺が発達して乳房を形成することはありません。男性は男性ホルモンの働きで男性の体(陰茎・精巣など)を持って生まれ、思春期以降は大人の男性の体になっていくのです。

しかし、何らかの原因でエストロゲンが増えたり男性ホルモンが減ったりしてエストロゲンのほうが優勢な状態(エストロゲン過剰)になると、男性の体がある程度女性化し、乳腺が成長して乳房ができることがあります。これが女性化乳房です。

また、脂肪が多いと胸が女性のようにふっくらとして、乳房に見えることがあり、これも女性化乳房と呼ばれることがあります。

乳腺が成長して膨らんだ乳房は「真性女性化乳房」、脂肪だけで膨らんだ乳房は「偽性女性化乳房」と呼んで区別します。

女性化乳房の原因と種類

真性女性化乳房の原因と種類

真性女性化乳房はエストロゲン過剰症の一種で、男性ホルモンに比べてエストロゲン(女性ホルモンの一種)が過剰になることで起こります。

男性がエストロゲン過剰になる原因はいくつかあり、真性女性化乳房は原因に応じて以下のように分類されます。

分類

原因

症状

生理的

母体由来のエストロゲン

新生児期に、母体由来のエストロゲンによりエストロゲンが過剰になり、一時的に乳房が発達(通常は自然に治まる)

年齢的なホルモンバランス変化

思春期初期に一時的にホルモンバランスが崩れ、乳房が増大(通常は自然に治まる)

老年期に男性ホルモンが減少することにより、乳房が増大

薬剤性

エストロゲン増加・男性ホルモン減少の効果がある薬剤の使用

薬剤の作用・副作用でエストロゲン過剰となり乳房が増大

後続性

エストロゲン増加・男性ホルモン減少をもたらす病気

病気の症状でエストロゲン過剰となり乳房が増大

遺伝性

遺伝子の異常により、エストロゲンのもとになるアロマターゼという物質が増加

小児期から乳房の増大や低身長などの症状が現れ、思春期後には性欲・精巣機能の低下が起こる

偽性女性化乳房の原因

偽性女性化乳房の原因は脂肪の増加です。

偽性女性化乳房は肥満の方に多いのですが、脂肪の付き方には個人差があり、とくに胸部に脂肪がつきやすい方の場合には、全体的にはそれほど太っていなくても偽性女性化乳房になることがあります。

女性化乳房の治療法

真性女性化乳房の治療法

生理的女性化乳房のうち新生児期や思春期にできるものは、通常は自然に治まるため、治療は不要です。自然に治まらない場合、他の原因(薬剤性・後続性・遺伝性)が疑われます。

思春期や老年期の生理的女性化乳房で、乳房がかなり大きい場合には、乳腺を切除する手術を行うことがあります。また、男性ホルモン製剤を注射して男性ホルモンを補う治療法や、エストロゲンの働きを抑える薬(抗エストロゲン薬)を投与する治療法もあります。

薬剤性の場合、その薬剤の使用をやめれば女性化乳房の症状は治まります。薬剤を減量することで女性化乳房をほとんど目立たない状態にできる場合もあります。

後続性女性化乳房の場合、まずは女性化乳房の原因となっている病気を治療するのが基本です。乳房が大きい場合は切除手術を行うこともありますが、原因の病気を治さないとまた乳房が増大する可能性があります。

遺伝性女性化乳房の場合、原因物質であるアロマターゼの働きを阻害する薬剤を用いる治療法があります。乳房が大きい場合は切除手術も行われます。

なお、真性女性化乳房の乳腺切除手術には健康保険が適用されます。

偽性女性化乳房の治療法

胸の脂肪を吸引して乳房を小さくする治療法があります。ただし、健康保険が適用されず自費診療となります。

ダイエットでも治療できますが、胸に脂肪がつきやすい方の場合かなり痩せる必要があります。

まとめ

  • 女性化乳房には、エストロゲン過剰で起こる真性女性化乳房と、脂肪過多で起こる偽性女性化乳房がある。
  • 真性女性化乳房のエストロゲン過剰の原因は、一時的・年齢的なホルモンバランス変化、薬剤、他の病気、遺伝子異常(アロマターゼ過剰)。
  • 真性女性化乳房の治療法は、乳腺切除手術、薬剤の使用停止・減量、エストロゲン過剰を生む病気の治療、男性ホルモン製剤・抗エストロゲン薬・アロマターゼ阻害薬の投与。
  • 偽性女性化乳房の治療法は、脂肪吸引、ダイエット。

当院には、
成長再生豊胸の他に脂肪注入法
もあります。

関連コラム

無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。