電話ボタン MENU

コラム

column

公開日2022.02.15最終更新日2022.02.15豊胸基礎知識

やっても無駄!? ヒアルロン酸豊胸をおすすめしないこれだけの理由

                 

「ヒアルロン酸豊胸を試してみたいけど、想像以上にネガティブな意見が多くて……」という声をよく聞きます。

実際、ヒアルロン酸豊胸については否定的な医師も多いので、豊胸を検討している方はその理由について知っておきましょう。

「バストのプチ整形」ヒアルロン酸豊胸をおすすめしない理由

いくつかある豊胸術のなかでも人気が高いヒアルロン酸豊胸。

注射でヒアルロン酸を注入するだけの手軽さは大きなメリットですし、術後の傷跡もほとんど目立ちません。また、部分的なボリュームアップや左右差の修正などにも対応できる自由度があります。

しかし、ヒアルロン酸豊胸について調べていくと、良い評判だけではないことに気付きます。なかには「やっても無駄!」「意味がなかった」といった非常に厳しい声も…。

期待をしていた方にとっては出鼻をくじかれたように思われるかもしれませんが、実際、ヒアルロン酸豊胸は次のような理由から、医師も積極的にはおすすめしないことが多いのです。

効果が持続しない

ヒアルロン酸豊胸の効果は長続きしません。平均して半年~2年ほどで体内に吸収されてしまいます。

術後の経過や体質によっては半年どころか2、3ヵ月でバストが小さくなってしまう方もいらっしゃいます。

しこりができやすい

バストに注入されたヒアルロン酸を体が「異物」と判断し、保護のためにヒアルロン酸を被膜で包んでしまうことがあります。特に、架橋度の高い、粒の大きな豊胸用のヒアルロン酸を使用した場合には、ヒアルロン酸豊胸は術後にしこりができやすいという欠点があります。

そしてヒアルロン酸の注入量が多ければ多いほどしこりができやすくなるため、ほとんどの美容外科クリニックではヒアルロン酸の注入量を制限しています。

施術を繰り返すとしこりが一層できやすくなる

「効果が長続きしないなら、また施術を受ければいいじゃない」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、ヒアルロン酸豊胸は施術を繰り返すとしこりが一層できやすくなる傾向があります。

このため、何度も繰り返しての施術はおすすめできません。

さわり心地が硬い

豊胸に使われるヒアルロン酸は顔に使われるものと比べると粒子が大きいため、どうしてもさわり心地が硬くなってしまいます。

ヒアルロン酸豊胸でバストアップすると見た目は自然な仕上がりになりますが、さわり心地の面では人工的と言わざるを得ないでしょう。

コストパフォーマンスが悪い

ヒアルロン酸豊胸は1ccあたり2,500円~3,000円が相場です。こう聞くとリーズナブルに思えますが、1カップ大きくするには片胸で約80cc必要になるため、両胸を1カップ大きくするのであれば50万~60万円ほどになってしまいます。

効果が長続きしないのに高額な費用がかかるのですから、コストパフォーマンス面で優れているとは言えません。

それでもヒアルロン酸豊胸したい場合に気をつけてほしいこと 

以上のようなデメリット・リスクがあるにもかかわらず、「それでもやっぱりヒアルロン酸で豊胸したい!」という方が後を絶たず、どこの美容外科クリニックでも人気があります。

医師としては積極的におすすめできませんが、「どうしても」と強く希望されるのでしたら、次の点に注意しましょう。

大量に入れない

前述の通り、ヒアルロン酸を大量に注入するとしこりができやすくなるため、1回の施術で注入する量は施術を受けるクリニックの規定に従いましょう。

大体200cc(片胸・2カップ分)を限度としているクリニックが多いです。

なるべく施術を繰り返さない

しこりの発生を防ぐため、施術を何度も繰り返さないように心がけてください。

数年に一度の特別なイベントの前や水着になるときに限定するなど、ご自身で制限を設けましょう。

健康的な生活習慣を心がける

ヒアルロン酸豊胸の効果を少しでも長持ちさせるためにも、健康的な生活習慣を心がけましょう。

ヒアルロン酸自体はもともと体内にある物質なので、健康的な生活を送ることでヒアルロン酸を生産しやすくなり、これがバストアップ効果の維持に役立ちます。

異変を感じたらすぐに医師に相談する

バストにできてしまったしこりを放置しておくと、被膜が石のように硬くなることがあります。これを瘢痕化(はんこんか)といい、除去するには大掛かりな手術が必要です。バストに少しでも異変を感じたら、すぐ医師に相談しましょう。

「成長再生豊胸」なら柔らかく自然なバストが半永久的手に入る

このように、ヒアルロン酸はその手軽さとは裏腹に、施術後のトラブル報告が多い豊胸術です。

ただ、手術に抵抗がある方にとっては大変魅力的であることも事実。

ですから、手術を避けて豊胸したい方はヒアルロン酸豊胸のほか、南クリニックの成長再生豊胸も検討してみてはいかがでしょうか。

成長再生豊胸の施術は注射のみ!

成長再生豊胸はバストの脂肪を成長因子(細胞増殖させるタンパク質)で増やす豊胸術で、施術はヒアルロン酸豊胸と同じく注射のみ。

手術がないのでつらいダウンタイムがほとんどないうえ、人工物を挿入しないので見た目もさわり心地も自然です。

しこりができる心配はなし! コストパフォーマンスも抜群!

また、成長因子で増やした脂肪は異物反応を引き起こすことがなく、しこりができる心配はありません。

さらに、成長再生豊胸はあくまでバスト内の脂肪を増やして「自分のバスト」を育てる豊胸術なので、術後大幅な体重減少がない限りバストアップ効果は半永久的に持続します。

施術費用はヒアルロン酸豊胸より高額になりますが、効果が半永久的に続き、メンテナンスも必要ないことを考えればコストパフォーマンスは抜群です。

バストアップのためにヒアルロン酸豊胸のデメリット・リスクを無理して受け入れる必要はありません。

手術に抵抗がある方、術後トラブルの可能性を少しでも減らしたい方はぜひ、成長再生豊胸をご検討ください。

まとめ

・ヒアルロン酸豊胸は「手術不要」「傷跡が目立たない」「施術の自由度が高い」といったメリットがあるが、「効果が長期間持続しない」「しこりができやすい」「繰り返すとしこりが一層できやすくなる」「さわり心地が硬い」「コストパフォーマンスが悪い」といったデメリット・リスクがある。

・ヒアルロン酸豊胸のデメリット・リスクを覚悟のうえで施術を受けるのであれば、「大量に入れない」「なるべく施術を繰り返さない」「健康的な生活習慣を心がける」「異変を感じたらすぐに医師に相談する」という点に気をつける。

・南クリニックの成長再生豊胸は成長因子でバストの脂肪を増やして「自分の胸」を育てる豊胸術なので、ヒアルロン酸豊胸の問題点を難なくクリアできる。

施術費用はヒアルロン酸豊胸より高額になるが、バストアップ効果は半永久なうえ、術後のメンテナンスも不要なのでコストパフォーマンス面でも優秀。

成長再生豊胸には、
成長再生豊胸F成長再生豊胸W
2種類があります。

関連コラム

無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。