電話ボタン MENU

コラム

column

公開日2022.02.15最終更新日2022.02.15豊胸基礎知識

豊胸術の術後1年の状態を徹底比較

                 

豊胸術には、時間が経つと豊胸の効果が減少したり、しこりができるなどのトラブルが生じたりするものがあります。豊胸術を選ぶ際には、効果の持続性を考慮することが重要です。

このコラムでは、代表的な豊胸術(シリコンバッグ挿入法・ヒアルロン酸注入法・脂肪注入法・成長再生豊胸)を取り上げ、術後1年の状態を比較してみます。

シリコンバッグ挿入法で豊胸した胸の1年後

シリコンバッグ挿入法とは

脇の下かアンダーバスト(乳房で隠れるところ)を切開し、シリコンジェルなどを詰めたシリコン製のバッグを胸に挿入します。挿入位置は、大胸筋の下か、乳房の乳腺の下、またはその中間にある大胸筋膜の下です。

シリコンバッグ挿入法は2カップ以上などの大幅なバストアップが可能なのが利点ですが、形や感触、揺れ方はあまり自然とは言えません。

手術直後の状態

手術と同時にバストは大きくなります。シリコンバッグの位置を固定するために包帯やバンドが巻かれています。切開した部位は糸で縫われた状態です(1週間程度で抜糸します)。

数日間は激しい痛みがあります(痛みは徐々におさまり、1~2か月で落ち着きます)。内出血や腫れなども見られます。

1年後の状態

切開部の傷跡は残りますが、通常は痛みや内出血はおさまっています。シリコンバッグ破損などのトラブルがなければ、バストの大きさも手術直後と変わりません(マンモグラフィー検査などでシリコンバッグに強い力が加わると破損することがあります)。

挿入したシリコンバッグの周りには、体の自然な働きによって必ず被膜ができます。なかにはそれが硬くこわばって、乳房が奇妙に変形してしまう人がいます。これをカプセル拘縮と言います。

カプセル拘縮は早い人では術後1年以内に起こります。カプセル拘縮が起こってしまった場合、手術でシリコンバッグを取り出すしかありません。

ヒアルロン酸注入法で豊胸した胸の1年後

ヒアルロン酸注入法とは

ヒアルロン酸を注射針で乳房に注入します。手軽さが魅力ですが、ヒアルロン酸は感触が硬めで、自然なバストにはなりません。

手術直後の状態

手術と同時にバストが大きくなります。注射した部分が内出血を起こしたり、しばらく胸部に違和感や筋肉痛のような痛みが生じたりすることがあります(鎮痛剤で抑えられる程度の痛みです)。

1年後の状態

ヒアルロン酸注入法の効果は長持ちしません。注入したヒアルロン酸は早ければ半年、長くても2年ですべて体に吸収され、消えてなくなります。したがって、1年後には豊胸の効果がまったくなくなっているか、かなり減少してしまっています。

また、なかにはヒアルロン酸がしこりとなってしまうケースもあります。大半のしこりは自然になくなりますが、なくならない場合には手術で取り除くしかありません。

触ってみるとしこりがわかるというケースだけでなく、乳房がでこぼこになったりして見た目でもわかるケースもあります。しこりは乳がん検査の妨げになりますし、放置すると炎症が広がって最悪の場合は乳腺炎から手術が必要になることもあり得ます。

脂肪注入法で豊胸した胸の1年後

脂肪注入法とは

余分な脂肪がある部位から脂肪を吸引し、加工したのちに乳房に注入します。脂肪の割合が大きくなるため柔らかめの乳房にはなりますが、形・感触ともにかなり自然な感じでバストアップができます。

ただし、痩せ型で吸引可能な脂肪があまりない方は十分なバストアップができないことがあります。

手術直後の状態

脂肪注入法の場合は手術直後にバストが最も大きい状態になり、多少縮んでから安定します。

脂肪を吸引した部位は糸で縫われ、包帯などで圧迫されています。数日ほどはかなり痛みます。抜糸後も1か月程度は圧迫用の専用下着などを着けて過ごします。

脂肪を注入した胸の方はさほど痛みませんが、かなり目立つ内出血や腫れが広がります。

痛みや内出血などの症状は2週間から1か月程度でおさまります。

1年後の状態

注入した脂肪は全部が生着(生きた組織として定着)するわけではなく、一部は死んで体に吸収されてなくなってしまいます。

どの程度生着するかは、手術の方法、医師の技量、患者の体質による個人差などにより変わります。平均的には約30%程度と言われています。当院の脂肪注入法は独自の技術により生着率80~90%を達成しています。

脂肪注入法でもしこりができることがあります。一部分に大量の脂肪をまとめて注入するなど、不適切な手術法が原因です。

成長再生豊胸で豊胸した胸の1年後

成長再生豊胸とは

乳房に成長因子という物質を注入し、バスト自身の発育を促進します。成長因子は乳腺や皮下脂肪層の細胞を増殖させる働きを持っており、これにより徐々にバストが大きくなっていきます。

外から異物を入れて膨らませる(底上げする)方法と違い、自然そのもののバストが得られます。

手術直後の状態

当院では、通常タイプの「成長再生豊胸W」と、即効性を加えた特別タイプの「成長再生豊胸F」を用意しています。

成長再生豊胸Wの場合、成長因子を注入してバスト発育の刺激を与えるだけですので、手術直後にはバストサイズはアップしていません。ただし、注射による腫れで一時的に少しバストアップしたように見えることがあります。

成長再生豊胸Fの場合、成長因子とともに細胞外マトリックスの成分も注入します。この細胞外マトリックスの体積の分だけバストサイズが即座にアップします。細胞外マトリックスは新しくできた脂肪や乳腺の組織と徐々に入れ替わっていきます。

1年後の状態

成長再生豊胸により1年の間にどれだけバストサイズがアップしているかは、手術の回数や個人差により異なります。

当院の場合、最低2週間の間隔を置いて何回かの処置を行い、その後3~6か月かけて希望サイズのバストにするのが基本的なプランとなっています。

成長再生豊胸で得られた効果は半永久的なものです。一旦大きくなったバストがもとに戻ってしまったり、豊胸の効果が減ってしまったりすることはありません。乳房が硬くこわばったり、しこりができたりする心配もありません

成長再生豊胸で1年間に増量したバストは、あなたの体そのものになっているわけです。

まとめ

  • シリコンバッグ挿入法では手術直後にバストが大きくなり、1年後も維持されるが、奇妙な形にこわばるケースもある。
  • ヒアルロン酸注入法では手術直後にバストが大きくなるが、1年後にはもとに戻っているか効果が半減している。しこりができるケースもある。
  • 脂肪注入法では手術直後に最もサイズが大きくなり、多少小さくなってから安定する。しこりができるケースもある。
  • 成長再生豊胸では徐々にバストが発育してサイズアップしていく。得られた効果は半永久的

成長再生豊胸には、
成長再生豊胸F成長再生豊胸W
2種類があります。

当院には、
成長再生豊胸の他に脂肪注入法
もあります。

関連コラム

無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。