MENU

コラム

column

公開日2021.05.31最終更新日2021.06.09豊胸基礎知識

「痩せ型にぴったりの豊胸」とは?種類別に徹底解説!

                 


痩せ型の人のなかには、「胸が小さい」と悩むケースも多く、バストアップマッサージや育乳ブラなどをいくら試しても、バスト周りの脂肪が少ないために、なかなか効果も実感できないようです。

そこで今回は痩せ型の人に合ったバストアップ方法について、豊胸術の種類別に徹底解説します。

痩せている人にとって難しい豊胸術とは?

代表的な豊胸術として、「シリコンバッグ挿入法」「ヒアルロン酸注入法」「脂肪注入法」の3つがあります。

これらはすべて、胸に“もの”を入れてかさ増しする方法ですが、痩せ型の人の場合、思わぬ問題が生じる可能性も。各豊胸術で、どのようなリスクがあるか、リスクを防ぐためにはどうすればいいのか、確認していきましょう。

「シリコンバッグ挿入法」は、不自然なバストになりやすい

痩せ型の人がシリコンバッグ挿入法を行うと、シリコンバッグを覆う胸の脂肪が少ないために、バストの形や感触、動きがさらに不自然になりやすくなります。

痩せ型の人の場合、挿入したシリコンバッグの形が目立つバストとなり、縁が浮き出てたような状態になります。また表面の皮膚からシリコンの感触を直に感じやすく、また脂肪がなく皮膚が伸びないため、揺れにくいバストになります。

その他、シリコンバッグの寿命が短くなるデメリットも。痩せ型の人の胸はバッグの挿入スペースが狭いため、バッグにかかる圧力が高くなり劣化しやすくなるのです。

シリコンバッグでもできるだけ自然な仕上がりを目指そうと、クリニックによってシリコンバッグの形や素材、挿入スペースなどを工夫しています。シリコンバッグ挿入法を選ぶなら、バストの仕上がりについて医師に確認して、イメージを具体化しておくと良いでしょう。

「ヒアルロン酸注入法」は持続期間が短め

ヒアルロン酸注入法は、痩せ型の人でも問題なく行える豊胸術です。体格によって安全に入れられる量が制限されることもありますが、1~2カップほどのバストアップが可能です。

ただし、ヒアルロン酸注入法によるバストアップ効果は持続期間が短めです。ヒアルロン酸の種類にもよりますが、最短で1ヵ月、最大でも2~3年とされています。

まずはお試しでヒアルロン酸注入法を選ぶ人もいますが、その後バストサイズが元に戻ってしまうと、ほとんどの人がもう一度豊胸を希望されます。繰り返し施術を繰り返せば、当然コストもアップします。

バストアップ効果をどれくらい持続させられるか、繰り返しの注入で費用がどれくらいかかるか、あくまでも想定になりますが、事前に確認しておきましょう。

「脂肪注入法」は痩せ型の人に向いているとは言えない

脂肪注入法とは、自身の身体についている脂肪をバストに注入する方法です。そのため身体に十分な脂肪量のない痩せ型の人には向いている方法とは言えません。

一般的にBMIで脂肪注入法が可能かどうか判断されます。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

BMIが17~18以上であれば脂肪注入法を行えると判断する医師は多いようです。一方でBMI17以下であっても、太ももなど、少なからず身体に脂肪はあるため、施術を行えると判断する医師もいます。

ただし無理に脂肪を吸引すると、脂肪で覆われていた筋肉が表面に出ることによって、脂肪吸引した箇所の肌が凸凹することがあります。

その他のデメリットとしては、十分な脂肪量を注入しても体内に吸収されてしまう可能性があります。痩せ型の人は胸の皮膚に余裕がないため、注入した脂肪が肋骨側に押し込まれて体内に吸収されやすく、注入した脂肪は、施術後6ヵ月で約30%しか残らないとも言われています。

施術前に医師と、どれくらいの脂肪量が無理なくとれるか、バストアップ効果はどの程度かなど、こちらもあくまでも想定になりますが、確認しておきましょう。

最近話題の「成長再生豊胸」とは?

南クリニックで提案する「成長再生豊胸」は、痩せ型の人にも最適な豊胸術です。

成長再生豊胸とは、バスト内に成長因子という物質を注入することで、バスト内の細胞や血管、リンパ管を成長させる方法です。成長因子はもともと人間の体の中に備わっているものです。胸の成長因子を集中的に増やしてあげることで、数ヵ月単位でバストを成長させます。

メスを使わず注射だけで行える点では、ヒアルロン酸注入と同じです。しかしヒアルロン酸と比べて半永久的な効果が得られます。

自然でさらに大きいバストにするなら「ハイブリッド豊胸」がおすすめ

痩せ型の人で、さらに大きく、自然な仕上がりのバストを目指すなら、成長再生豊胸と脂肪注入法を組み合わせた「ハイブリッド豊胸」がおすすめです。

成長再生豊胸で期待できるバストアップのサイズは、3回注射して1カップほどです。また数ヵ月単位でバストが成長するため、効果は比較的ゆっくりと実感することになります。

一方で脂肪注入法は、バストアップできるサイズが限られます。吸引する脂肪量が少ないために、施術後に「想像していたよりもバストが大きくならなかった」と落胆する人も多いようです。

しかし、脂肪注入法に成長再生豊胸をプラスすることで、注入する脂肪が少量でも、その脂肪を成長因子で増やして、さらなるバストアップが可能になります。

脂肪注入をしたけれど、バストサイズが元に戻った人にも朗報!

前述したように、痩せ型の人は脂肪注入を行っても体内に脂肪が吸収されやすいため、効果が実感できないと後悔を口にする人も珍しくはありません。

しかし、そんな脂肪注入経験者でも、成長再生豊胸を追加することができます。脂肪が残っていれば、その脂肪に作用して、バストアップ効果が期待できるのです。

まとめ

・痩せ型の人は、挿入スペースが狭いため、シリコンバッグ挿入法は不向き

・ヒアルロン酸注入法は痩せ型の人でも可能。ただしバストアップ効果は持続しない

・痩せ型の人は、注入できる脂肪が少量になるため、脂肪注入法は不向き

・自身の胸を成長させる「成長再生豊胸」は痩せ型の人でもバストアップが叶う、注目の方法

・脂肪注入+成長再生豊胸で、さらなるバストアップ効果が期待できる

成長再生豊胸には、
成長再生豊胸F成長再生豊胸W
2種類があります。

当院には、
成長再生豊胸の他に脂肪注入法
があります。

関連コラム

無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。
閉じる
無料カウンセリング
ご予約
お問い合わせ