MENU

コラム

column

公開日2021.07.03最終更新日2021.08.20豊胸基礎知識

「豊胸で後悔しない」ために、気をつけることはありますか?

                 

豊胸を検討する方なら誰でも一度は「後悔するのでは?」と術後への不安を抱いたことがあるのではないでしょうか。

実際に後悔するかどうかは施術を受けてみなければわかりませんが、各豊胸術のデメリットとリスクをしっかり把握しておけば、後悔する確率をグッと下げられます。

豊胸で後悔したくない!検討の時点でできることは?

美しく、豊かなバストが手に入る豊胸。「豊胸しよう!」と決断した日から術後の豊かなバストラインを想像して、検討中の段階からウキウキしている方も多いのではないでしょうか。

しかし、そんな気持ちに水を刺すのが「豊胸して後悔した」「後悔するからやめた方がいい」というネガティブな声です。検討中に色々と調べていれば、どうしてもこのような体験談や意見を目にすることが多くなるでしょう。こうなると、不安になって「中止した方がいいだろうか」と思い始めても不思議ではありません。

しかし、それぞれの豊胸術のデメリットと、術後の起こりうるリスクについてあらかじめ知っておけば、後悔する事態を回避することは十分可能です。

つまり、豊胸で後悔しないためには、各豊胸術のデメリットとデメリットが原因で起こりうるリスクを知ったうえで、ご自身に合った豊胸術を選ぶ必要があるのです。

豊胸術別デメリットと術後に起こりうるリスク

それでは早速、各豊胸術のデメリットと術後に起こりうるリスクをみていきましょう。術後に発生したリスクはそのまま後悔の理由となるので、「残念な豊胸・失敗の豊胸」にしたくない方はぜひ、参考になさってください。

シリコンバッグ挿入法

脇の下やアンダーバストを切開して、そこからシリコンバッグを挿入してバストを底上げする豊胸術です。

仕上がり

見た目と触り心地が不自然になることがあり、豊胸がバレる原因になる。
また、傷跡が残りやすく、これもバレる原因に。

ダウンタイム

ダウンタイムは最低でも1~2ヵ月と長く、痛みは非常に強い。そのため、仕事に穴を開けてしまう場合も。もちろん、この間はレジャーも楽しめない。

術後の異変

シリコンバッグが被膜に包まれることで(被膜拘縮)変形し、バストが非常に不自然な形になることがある。
また、シリコンバッグには硬さがあるうえ、血液が通らないため冷たくなる傾向があり、感触・温度で豊胸ばバレてしまう場合も。

効果の持続期間

バストアップ効果の持続期間はシリコンバッグの製品としての寿命と同じであるため、約10年と言われています。バストに挿入してからすぐに劣化が始まるので定期的に交換しなければならず、その度に費用がかかる。

脂肪注入法

太ももやお尻など脂肪の多い部分から脂肪吸引で脂肪を採取してバストに注入する豊胸術。

ダウンタイム

バストの痛みや腫れは術後1週間~2週間程度で引く。ただし、脂肪吸引部分は、初期には「数メートル歩くのもやっと」と語る経験者がいるほど強い痛みが出る。そのため、術後すぐの仕事復帰は難しい。また、バストに注入した脂肪を定着させるために術後1ヵ月は生活・行動が制限される。

術後の異変

注入した脂肪が定着しないままバスト内に残った場合はしこりとなり、見た目・感触に違和感が出る。
また、脂肪吸引部分は術後のケアが悪いと傷跡が残ってしまう場合も。

効果の持続期間

定着しなかった脂肪が体内に吸収されてしまった場合、バストが小さくなって元に戻ることがある。

ヒアルロン酸注入法

仕上がり

見た目は自然だが、触ると硬さがあるため、パートナーが触ったときに豊胸がバレてしまうことがある。

術後の異変

ヒアルロン酸の塊が被膜に包まれるとしこりになり、除去するには手術が必要になる場合がある。

効果の持続期間

バストアップ効果の持続期間は半年~2年。効果がなくなる度に施術を受けなければならず、その度に費用がかかる。

後悔しない豊胸のためにはクリニック選びも大切

後悔するリスクを少しでも下げるには、上記のようなデメリットをしっかり把握するほか、クリニック選びも重要になります。具体的には次のような点を重視してクリニックを選びましょう。

カウンセリングが丁寧であること

カウンセリングは患者さんが悩みを話し、医師に質問できる大切なコミュニケーショの場ですので、まずはカウンセリングが丁寧であるかどかをチェックしましょう。

デメリットとリスクについての説明がある

美容整形はメリットばかりではありません。上記のような豊胸術のデメリットをきちんと説明してくれるかどうかは、信頼できるクリニックを見極める重要なポイントです。

明朗会計であること

評判の良いクリニックはお会計の面でもしっかりしている傾向があります。医師の技術や設備と同じように、明朗会計を心がけているかどうかもチェックしましょう。

術後のアフケーケアの指導やサポートがしっかりしていること

施術後の注意点やアフターケアがまったくない豊胸術はありません。術後はどのように過ごすか、痛みが出た場合の対処法、傷跡のケアといったことをしっかり、丁寧に説明するクリニックを選びましょう。すでに気になるクリニックがある場合は、可能なら、そのクリニックでの豊胸経験者に話を聞いてみると良いでしょう。

契約を急かさない

評判の良いクリニックは契約を急かしません。「じっくり考えて、悩んで決めてほしい」。このようなスタンスのクリニックは検討するに値します。

なお、クリニックの規模や知名度は技術とはあまり関係がありません。医師については、美容整形領域で10年~15年以上のキャリアがあるかどうかが判断の目安になります。

リスクが心配ならデメリットの少ない「成長再生豊胸」がおすすめ

これまでお話した通り、デメリットが少ないほど、それだけ後悔するリスクも下がる傾向があります。

しかし、現在主流の豊胸術はどれもメリット・デメリットの数がそれほど変わらないため、その中からベストな豊胸術を選ぼうとするのは少々難しいかもしれません。

この点、南クリニックの成長再生豊胸は、バスト内の脂肪を増やす成長因子を注射して本物のバストを作り上げる豊胸術なので、「手術不要」「ダウンタイムはほとんどなし」「段階的に大きくするのでバレにくい」「効果は半永久」などメリットの方が多く、後悔するリスクが他の方法と比べて低い豊胸術だと言えるでしょう。

リスクが心配なあまり、豊胸術の選択・施術の決断に時間がかかっている方はぜひ、成長再生豊胸も検討対象に加えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

・豊胸術は豊かで美しいバストを作るが、一方で「豊胸して後悔した」という声もある

・豊胸で後悔しないためには、各豊胸術のデメリットとリスクを把握し、そのうえでどの豊胸術を受けるか判断しなければならない

・現在主流となっている豊胸術は「シリコンバッグ挿入法」「脂肪注入法」「ヒアルロン酸注入法」だが、リスクはつきもの

・豊胸で後悔しないためには、クリニック選びも重要

・バスト内の脂肪や乳腺組織を増やす成長再生豊胸なら豊胸術にありがちなリスクも低い

成長再生豊胸には、
成長再生豊胸F成長再生豊胸W
2種類があります。

当院には、
成長再生豊胸の他に脂肪注入法
があります。

関連コラム

無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。
閉じる
無料カウンセリング
ご予約
お問い合わせ