電話ボタン MENU

コラム

column

公開日2022.02.18最終更新日2022.03.04豊胸基礎知識

あなたは大丈夫?バストが小さくなる5つの悪習慣

                 

「若い頃よりもバストが小さくなった」「ハリがなくなって貧相に見える」…。年齢を重ねるごとに増えてくるのが、このようなバストの悩みです。

実は、バストの大きさは年齢だけではなく、生活習慣も深く関わっています。原因を把握して適切なケアを行えば、本来のボリュームを取り戻すのはもちろん、より魅力的なバストを手に入れることも可能です。

バストが小さくなる原因は?5つの悪習慣

バストが小さくなる最大の原因は「女性ホルモンの減少」です。

女性ホルモンには、胸の大きさを決める組織である乳腺を増殖・発達させる働きがあります。乳腺が発達すると、その乳腺を守るために脂肪がつき、バストアップにつながります。

つまり、女性ホルモンの分泌量が少なければ乳腺や脂肪が増えず、バストは小さくなってしまうのです。

通常、女性ホルモンは加齢とともに減少していくものですが、生活習慣の乱れも大きく影響します。バストを小さくするおそれのある悪習慣について、以下で見ていきましょう。

 

1.睡眠不足

十分な睡眠がとれていないと、自律神経が乱れ、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。その結果、バストのハリや弾力が失われて小さくなるリスクがあります。

2. ストレス

過度なストレスも女性ホルモンの分泌を妨げる要因です。無自覚のままストレスが蓄積し、バストに悪影響を及ぼしているケースもあるため注意しましょう。

3. 猫背

姿勢が悪いと、バストまわりの筋肉が衰え、血行不良を招きます。その結果、女性ホルモンや必要な栄養が十分に行き届かなくなり、バストが小さくなったり、垂れてしまったりします。またバストへの影響だけでなく、冷えや肩こりなどさまざまな不調を引き起こすおそれもあるでしょう。

スマホやパソコンを長時間使用する方はつい猫背になりやすいため、習慣化しないように意識して姿勢を直すことが大切です。

4. 極端なダイエット

過剰な食事制限や栄養の偏ったダイエットは、バストのサイズを左右する脂肪を減少させてしまいます。また、ストレスを抱えやすくなることで、女性ホルモンのバランスが乱れ、バストに影響する可能性もあります。

5. 体に合わないブラジャーの着用

ブラジャーのサイズが合っておらず、バストを小さくしているケースも少なくありません。

小さすぎるブラジャーは、バストを圧迫して血行不良を引き起こします。逆にサイズが大きすぎるブラジャーも、バストがカップのなかで安定しないため、脇や背中に流れたり、下垂したりしてしまいます。

小さくなったバストを元に戻す方法

バストに悪影響を及ぼしている原因が把握できたら、これ以上バストを小さくしないために、以下のような対策を試してみましょう。

1. 生活習慣を見直す

まずは睡眠や食事・姿勢など、日々の生活習慣を見直してください。バストアップのためには、十分な睡眠と栄養バランスのとれた食事・適度な運動が大切です。また、できるだけストレスや疲れを溜めないように、意識してリラックスタイムをつくったり、趣味を楽しんだりするとよいでしょう。

2. バストのマッサージ&筋トレを行う

マッサージや筋トレもバストアップに効果的です。

マッサージは脇からお肉を集めるイメージで、バストの外側や中心・鎖骨下を刺激しましょう。血流が良くなることで老廃物が流れやすくなり、女性ホルモンの分泌が促されます。

また、大胸筋を鍛えるトレーニングによって、バストのハリが向上し、大きく見せる効果も期待できます。

3. サイズ・形の合うブラジャーを着用する

自分のバストサイズや形を把握して、適切なブラジャーを選ぶことが重要です。

購入する際は必ず試着をして、できるだけお店の人に測ってもらいましょう。快適なつけ心地で人気のノンワイヤーブラでも、安易に選んでしまうとカップやアンダーが合わない場合もあるため、試着をして確認することをおすすめします。

また、就寝時にブラジャーを着用しない方も注意しなければなりません。寝ている間にバストが流れてしまい、バストダウンにつながります。ナイトブラを活用して、綺麗なバストをキープしましょう。

確実にバストアップを目指すなら豊胸術がおすすめ

生活習慣の改善やセルフケアをしてもなかなか効果が見られない場合には、豊胸術を検討してみてください。

豊胸術には、シリコンバッグ挿入法やヒアルロン酸注入法・脂肪注入法・成長再生豊胸があります。

なかでも成長再生豊胸は、手術が不要でダウンタイムもほとんどない画期的な豊胸術です。成長因子を注入して自分の乳腺を発達させ、バストの脂肪を増やします。より安全かつ自然にバストアップしたい方には、とくにおすすめです。

成長再生豊胸で乳腺にアプローチしながら、規則正しい生活を心がけることで、より効果的に理想のバストに近づけるでしょう。

まとめ

・バストが小さくなる主な原因は女性ホルモンの減少。

・加齢だけでなく、生活習慣や姿勢・ストレスも女性ホルモンの分泌を妨げる要素。

・バストのボリュームを元に戻すには「生活習慣や食生活の改善」「バストのマッサージ&筋トレ」「適切なブラジャーの着用」などの対策が有効。

・成長再生豊胸を取り入れることで、より効果的なバストアップが期待できる。

成長再生豊胸には、
成長再生豊胸F成長再生豊胸W
2種類があります。

関連コラム

無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。