MENU

コラム

column

2021.01.31豊胸基礎知識

芸能人の豊胸、なぜバレた?その理由から「バレない豊胸」が判明!

                 

ネットで「芸能人 豊胸疑惑」と検索すると、多くのアイドルや女優さんに豊胸疑惑が向けられているのがわかります。

実際、彼女たちが豊胸しているかどうか明言はできませんが、「明らかに豊胸している」とプロの目からもわかる人もいます。

そこで、芸能人の豊胸がバレてしまう原因を説明したうえで、一般の人が周囲にバレないように豊胸するにはどうしたら良いかを解説していきましょう。

「あの芸能人、豊胸しているよね」という噂はなぜ起きる?

豊胸を疑われるバストはどんな形をしているでしょうか。写真や動画から「豊胸している」とバレやすい、バストの特徴をまとめてみました。

正面から撮った写真でバレる

バストが上部も下部も丸みがきれいに出ているのは豊胸バストの可能性大です。本来、バスト上部はデコルテと自然につながり、下り坂のような形になるはずだからです。

横から見た写真でバレる

正面から見たときと同様、バスト全体がきれいな半球形になっているのは豊胸の可能性があります。特に大きなバストは重みがあるので下方に引っ張られ、補正下着などの特殊なブラで盛らない限り、上部が球形を保つことはあり得ません。大きくて上部が球体なら、ほぼ豊胸確定です。

仰向きに寝ている写真でバレる

重力によって、仰向けに寝たときのバストは体の左右に脂肪が流れるのが普通です。もし仰向きになっても球形を保っていたら豊胸の可能性大。水着や下着をつけていても、バストの重みで形は変形するのが自然です。

走っている動画でバレる

ある程度の大きさがあるにも関わらず、走ったときやジャンプをしたときに動きの生まれないバストは豊胸の可能性が高いでしょう。自然なバストは脂肪の塊ですから、体が動くと、バストはそれにつられてゆったりと揺れるはずです。

脇のシワでバレる

豊胸でシリコンバッグを挿入する場合、日本では脇から入れるケースがほとんどです。執刀医はできるだけ傷跡が目立たないように、脇のシワに沿ってメスを入れますが、脇に余分なシワが残ることがあります。脇に一本だけシワが目立つ場合、豊胸手術経験者かもしれません。

バストを寄せたときにバレる

両脇から腕を中央に押し付けてバストを寄せたときに、バストの谷間がI字になっていれば自然なバスト、Y字になっている場合は豊胸の可能性が高いでしょう。大きなバストの人ほどわかりやすい違いです。

一般人の場合は、豊胸とバレるきっかけはほかにもある

一般人の場合にはプラスアルファでバレやすい場面があります。それはバストを触られたときです。

一般的に行われている豊胸術では、ナチュラルなバストに比べて触り心地が硬くなりがち。つまり、パートナーに触られたときに「豊胸かな?」と疑われてしまう可能性があるのです。

自然なバストは内容物の9割は脂肪。残り1割が乳腺です。乳腺はバストのハリを維持する役割をしていますが、脂肪は小さな細胞の集まりで硬さはありません。

一方、豊胸術で入れる異物は、どれも脂肪細胞に比べて粒の大きなものになります。ですから豊胸術後のバストを触ったときに「ニセモノ?」と違和感を持ってしまうのです。

豊胸術別バレやすいシーンとは

現在、日本では一般的に豊胸術として 「シリコンバッグ挿入法」「脂肪注入法」「ヒアルロン酸注入法」の3つが行われています。

それぞれにバレやすさをまとめてみましょう。

シリコンバック挿入法

・見た目…バスト上部が球体で不自然。また、仰向けになったときに、脇にバストが流れず丸みが維持されてしまいます。見た目でバレやすい豊胸術です。

・触り心地…品質が改良されてきているとはいえ、シリコンバッグは自然なバストに比べて硬さがあります。また、敏感な人だと、ひんやりした冷たい感触に気づくかもしれません。

・傷跡…脇をじっくり見られると、シリコンバッグを挿入した傷口から豊胸したことがバレる可能性があります。

脂肪注入法

・見た目…自然なバストに近いので見た目でバレることは少ないでしょう。

・触り心地…技術のしっかりしたクリニックで受ければ問題はありませんが、しこりや石灰化が起こりやすい豊胸術です。小さなしこりがいくつもできて、パートナーに「乳がんなのでは?」と心配されてしまう人もいます。

・傷跡…バストにはほとんど傷跡は残りませんが、脂肪を吸引した部位の腫れや内出血が治まるまでに数週間かかるので、その間に裸を見られるとバレてしまうかもしれません。

ヒアルロン酸注入法

・見た目…ヒアルロン酸を注入する場所と量にもよりますが、人工的な形になりやすく、見た目でバレやすい豊胸術です。また一時的な豊胸なので、「前は大きかったのに……」と疑われるリスクがあります。

・触り心地…豊胸術に利用されるヒアルロン酸の質は年々改善されており、最近はかなり柔らかなものが使用されています。しかし脂肪の柔らかさとは明らかに異なるので、触られたときに硬さでバレてしまう可能性は十分にあります。

・傷跡…注射のみなので傷跡でバレることはないでしょう。

バレの原因をすべてカバーする「成長再生豊胸」なら安心

バレを回避する豊胸術

こうしてみていくと、見た目、触り心地、傷跡のいずれもがバレにくい豊胸術というのは、現状見当たらないことがわかります。

しかし、南クリニックでは最大限バレにくい豊胸術を提案できています。それが「成長再生豊胸」です。

形と触感はもちろん、徐々に大きくなる点にも注目

成長再生豊胸が3つの豊胸術と決定的に違うのは「何かを補充してバストを大きくするわけではない」という点です。かさ増しするのではなく、バストそのものが自ら成長するように仕向ける、まったく新しいコンセプトの豊胸術なのです。

思春期の頃にバストが成長したときのように、少しずつバストが成長し、希望するサイズまでアップが可能。バストの内部で脂肪が増え、乳腺が発達していくので、形も触り心地もホンモノのバスト以外のナニモノでもありません。

また、成長は3ヵ月から半年程度かけてゆっくり進んでいくので、他の豊胸術のようにある日突然バストが大きくなってバレてしまう……というリスクもありません。

バレを回避する最強の豊胸術、興味のある方はカウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。

成長再生豊胸には、
成長再生豊胸F成長再生豊胸W
2種類があります。

関連コラム

無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。
閉じる
無料カウンセリング
ご予約
お問い合わせ