MENU

症例の詳細

case

成長再生豊胸W

20代 女性

施術⽅法
成長再生豊胸W
処置回数
5セット

症例写真

南院⻑コメント

出産・授乳経験のない、20歳代前半のモニターさんです。純粋に豊胸の目的での施術です。肋骨の浮き出しの改善や、谷間を造りたいことや、張りを戻したいなどの希望はありませんでした。成長再生豊胸Wを5回施行しています。治療に対する反応もよく、術後の写真は最終処置後3カ月以上経過しているのですが、まだまだ成長中とのことです。

症例写真を見ていただければ分かると思うのですが、こちらのモニターさんは、年齢の割に、バストに張りがない印象があると思います。しかしながら、乳腺や皮下脂肪の量・クーパー靭帯の弾力性には問題なく、単に皮膚の立体的な形状が問題だったようです。術後は、乳頭の向きは変わらず、上を向いたままで、自然なバストの形が創出できています。

こちらのモニターさんとは関係のない話になりますが、比較的若い人で、出産・授乳経験のない方の場合、バストの張りを失う原因は、主に肥満です。特に、ダイエットとリバウンドを繰り返した方の場合、その傾向が顕著になります。肥満した場合、バストの構成要素である皮下脂肪は、当然のことながら、その体積を増加させます。そうすると、それに伴って、バストが大きくなるのですが、その時に、皮膚やクーパー靭帯は、大きくなったバストに合わせて伸ばされます。その状態から、無理のない、健康的なダイエットを行えばいいのですが、大半はそうではなく、栄養の偏った、不健康なカロリー制限に走ってしまいます。すると、皮膚やクーパー靭帯は、弾力性を低下させてしまい、いわゆる戻りが悪くなってしまいます。皮膚もクーパー靭帯も、成分的にはコラーゲンが多くを占めていますので、その原料となるたんぱく質や、生成と修復を促すビタミンC、血流をスムースにするビタミンEなどの不足は、弾力性を失わせる大きな原因となります。リバウンドをするような、無理なダイエットは、このようにして、バストの張りを失わせるわけです。したがって、形の良いバストを保つには、あくまでも、健康が第一ということを、忘れてはなりません。
料金
1回あたりの処置330,000円(税込)
リスク・副作⽤・合併症
内出血 細菌感染 針孔の色素沈着 かゆみ 成長再生豊胸で使用する成長因子や女性ホルモンが乳がんを誘発する可能性はありませんが、もともと乳がんが存在していた場合には、成長再生豊胸を実施することによってがん細胞を成長させてしまう可能性があります。ですから、成長再生豊胸を受ける前にがん検診を受けておくことをおすすめしています。
モニター募集
無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。
閉じる
無料カウンセリング
ご予約
お問い合わせ