MENU

症例の詳細

case

成長再生豊胸W

30代 女性

施術⽅法
成長再生豊胸W
処置回数
5回

症例写真

南院⻑コメント

成長再生豊胸Wを5回行った、30歳代前半のモニターさんです。出産・授乳の経験はありません。こちらのモニターさんも、豊胸とともに、バストの上のほうの肋骨の浮き出しも、改善を望んでいました。結果として、豊胸効果のほうも、肋骨のほうも、かなり満足のいく結果となりました。

こちらのモニターさんのケースは、5回の処置にもかかわらず、豊胸効果については、かなりのものがあります。豊胸用のバッグに換算すると、250㏄近くのものだと言えます。 このような、少ない回数での処置での大きな豊胸効果は、豊胸手術を考えている方にとっては、誰もが希望することだと思われます。では、成長再生豊胸の効果を最大限に発揮させるためには、自分でできることがないでしょうか?延べ2000例以上の症例を検討してみましたが、決定的なものは見つかっていません。しかし、予測として、健康的な日常生活は、必ずベースにあると言えます。具体的には、 ・安定した月経周期 ・バランスの良い食生活 ・適度な運動習慣 ・適切な体重管理 女性の場合、体内のホルモン環境の鏡とも言うべきものは、月経周期です。これが短かったり、周期が一定しないということは、成人女性の場合、女性ホルモンが少ない可能性があります。成長再生豊胸Wは、体内の女性ホルモンの作用を、バストで増強させるといった側面がありますので、女性ホルモンが少ない状況は、豊胸効果に不利に働く可能性があります。 成長再生豊胸は、バストを成長させる豊胸です。したがって、一般的に成長に有利な栄養摂取が、その効果に対して有利に働きます。バランスの良い食生活は、成長の基本でもありますので、このことには、留意したほうが良いでしょう。一般的に、日本人の食生活では、カロリー原を炭水化物に頼りがちで、たんぱく質が少ない傾向にあります。 過度な運動は禁物なのですが、適切な有酸素運動は、体調やホルモンバランスを整えることにも、有利に働きます。また、適度な運動習慣は、成長期においても推奨されているもので、全身の細胞に十分な栄養を運び、老廃物を持ち去りやすい状態を造ります。 適切な体重管理とは、過激にダイエットをしないということです。ホルモン環境の破壊とともに、栄養状態の悪化も招きます。また、リバウンドの原因にもなります。体重の大幅な増減を繰り返すことは、成長再生豊胸の効果を減弱させる大きな原因です。 以上、健康管理と成長再生豊胸の効果は、関連性があると思われます。
料金
1回あたりの処置330,000円(税込)
リスク・副作⽤・合併症
内出血 細菌感染 針孔の色素沈着 かゆみ 成長再生豊胸で使用する成長因子や女性ホルモンが乳がんを誘発する可能性はありませんが、もともと乳がんが存在していた場合には、成長再生豊胸を実施することによってがん細胞を成長させてしまう可能性があります。ですから、成長再生豊胸を受ける前にがん検診を受けておくことをおすすめしています。
モニター募集
無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。
閉じる
無料カウンセリング
ご予約
お問い合わせ