MENU

症例の詳細

case

成長再生豊胸W

50代 女性

施術⽅法
成⻑再⽣豊胸W
処置回数
10回

症例写真

南院⻑コメント

成長再生豊胸Wを10回で豊胸を行い、形、大きさともに、申しぶんない状態になった、50歳代半ばのモニターさんです。腹部やヒップ・太ももにかけては、元々、かなり肉付きの良い方で、脂肪注入による豊胸手術も選択肢ではあったのですが、術後のダウンタイムの関係上、成長再生豊胸Wを選択されました。

こちらのモニターさんの症例写真で、注目していただきたいのは、その豊胸効果はもとより、仕上がりの形です。勿論、術後の写真では、自然な形に仕上がっているのが、どの方向からでもよくわかると思います。そして、その中でも特に、横からの写真から見て取れるのは、乳頭の向きです。術前は、乳頭の向きが下を向いていますが、術後は、乳頭の向きが、やや上を向いているのが、よくわかると思います。

出産・授乳を経て、萎縮した乳房において、最も大きな問題は、大きさはもとより、その形の問題だと思われます。特に一番気にされる方が多いのは、下垂(垂れ下がり)です。これについては、出産・授乳を通して乳腺や皮下脂肪が体積を増したときに、皮膚や、乳腺を支えているクーパー靭帯が、その弾力性を超えて引き伸ばされたために、縮まなくなるのが第一段階。そして次の段階は、加齢によって、皮膚やクーパー靭帯の弾力性自体が低下することです。これらの治療には、皮膚を直接切り取ってしまう方法もありますが、豊胸手術を行うことで体積を増やし、授乳時の体積に近くしてやることで、改善を図れます。成長再生豊胸は、このような豊胸手術と同様の原理で、下垂の改善を図ることができます。

形の問題で、次に大きな問題は、乳頭の向きです。萎縮したバスト(乳房)においては、乳頭の向きが下を向く傾向にあります。これは、乳房の下半分の部分の、乳腺及び皮下脂肪の萎縮によるものです。そこで、成長再生豊胸の処置をする際に、乳腺の底にある脂肪組織にも、十分に成長因子を行き渡らせて、前方にバストを突出させるとともに、皮下脂肪に関しては、バストの下半分を重点的に治療することになります。そうすることで、乳頭の向きが上向きになり、若々しいバストを創造することができます。
料金
1回あたりの処置330,000円(税込)
リスク・副作⽤・合併症
内出⾎ 細菌感染 針孔の色素沈着 かゆみ 成長再生豊胸で使用する成長因子や女性ホルモンが乳がんを誘発する可能性はありませんが、もともと乳がんが存在していた場合には、成長再生豊胸を実施することによってがん細胞を成長させてしまう可能性があります。ですから、成長再生豊胸を受ける前にがん検診を受けておくことをおすすめしています。
モニター募集
無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。
閉じる
無料カウンセリング
ご予約
お問い合わせ