MENU

症例の詳細

case

成長再生豊胸F

40代 女性

施術⽅法
成長再生豊胸F
処置回数
5セット

症例写真

南院⻑コメント

かなり痩せたモニターさんで、出産・授乳の経験があります。年齢は40歳代後半。本人さん曰く、太れない体質だとのことでした。皮下脂肪・乳腺ともに萎縮しています。また、バストの上の部分に、肋骨の浮き出しが顕著な状態です。本人さんも、豊胸と同時に、この肋骨の浮き出しの改善を希望されていました。

こちらのモニターさんの治療方針としては、豊胸とともに、バストの上のほうへの成長再生豊胸F薬剤の集中的な注入を行いました。治療結果としては、一定の豊胸効果とともに、バストの上のほうの肋骨の浮き出しが、改善されています。

出産後に太りやすくなるというのは、よく聞く話だと思います。しかし、こちらのモニターさんは、出産後に太れなくなったということです。これは、出産を契機として、下垂体のホルモンが減少したのではないかと考えられます。その原因としては、色々と言われていますが、その状態が病的なほどになっていると、シーハン症候群という病名が付いています。

シーハン症候群とは、分娩後下垂体機能低下症とも言われるもので、出産後に下垂体機能=ホルモン分泌が減少する疾患です。下垂体は様々なホルモンを分泌しますので、どのホルモンが減少しているかによって、症状は様々です。発症の引き金は、分娩後の大量出血です。妊娠・出産時にホルモンをたくさん分泌するために、下垂体には多くの血流量が必要になるのですが、この出血性の急激な貧血によって、下垂体への血液供給が滞り、ホルモンを分泌する細胞が壊死に陥ると言われています。シーハン症候群になってしまいやすい人というのは、平時には正常に機能しているのだが、下垂体が小さい人が挙げられます。下垂体の予備能力が小さいということでしょう。分泌低下が見られやすいのは、成長ホルモンとプロラクチン(乳汁分泌促進ホルモン)です。通常、出産後数年で症状が出てくることが多いのです。 シーハン症候群は、下垂体のうち、80%以上が壊死に陥っている状態で発症し、血中ホルモン検査でも、下垂体から分泌される様々なホルモンが低値を示します。

しかし、血中ホルモン濃度が正常値の範囲を下回らず、シーハン症候群とは診断ができない状態も存在します。ホルモン濃度が正常値の下限に近い状態です。そのような場合、やはり、太れないという状態がよくあります。その場合には、ピルの内服など、女性ホルモンの補充を行いつつ、成長再生豊胸の治療を行うと、より一層、効果が望めます。
料金
1セット目 385,000円(税込)
同時処置で2セット目からは、1セット 330,000円(税込)
(同時に5セットまで施術可能)
リスク・副作⽤・合併症
内出血 細菌感染 針孔の色素沈着 かゆみ 成長再生豊胸で使用する成長因子や女性ホルモンが乳がんを誘発する可能性はありませんが、もともと乳がんが存在していた場合には、成長再生豊胸を実施することによってがん細胞を成長させてしまう可能性があります。ですから、成長再生豊胸を受ける前にがん検診を受けておくことをおすすめしています。
モニター募集
無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。
閉じる
無料カウンセリング
ご予約
お問い合わせ