MENU

症例の詳細

case

成長再生豊胸F

40代 女性

施術⽅法
成⻑再⽣豊胸F
処置回数
3セット

症例写真

南院⻑コメント

40歳代前半のモニターさんで、バストの左右差があります。希望は左右差の修正ではなく、純然たる豊胸です。成長再生豊胸Fは、3セット施行しています。 珍しく、右側のほうが、左側よりも大きい状態です。右胸心ではなく、心臓は左にあります。したがって、よくある骨格による左右差ではなく、完全にバストの体積が、右のほうが大きいということができます。

成長再生豊胸F施行時には、左右差の修正を希望されないため、両胸とも同じ量の注射液を使用して、豊胸処置を行いました。術後の写真は、処置後約3ヶ月経過した状態でのものです。ところで、こちらのモニターさんの経過を見ていただくと、両胸とも同じように豊胸処置したにもかかわらず、左右差が減少しているように見えると思います。実際には、両胸とも同じだけ乳房の体積が増加して、左右の差には変化はありません。これは、目の錯覚的なものが原因です。

例えば、100㏄と120㏄は、その差が20㏄です。100㏄から見れば、約20%の差です。では、それぞれ100㏄づつ増やしてみると、200㏄と220㏄になります。その差20㏄は変わりません。しかし、元々100㏄だった200㏄のほうから見れば、差の20㏄は、10%でしかなくなっています。つまり、両方とも同じ体積が増加すると、 差の占める「割合」は、 減少するわけです。割合が減少するので、見た目としては、差が減少したように見えるというわけです。

したがって、豊胸処置によって、左右を同じ体積で豊胸した場合、見た目の左右差は減少するということです。このことは、元のバストサイズから大きくすればするほど、左右差が目立たなくなっていくということでもあります。結論としては、ほんの少しのバストの左右差は、取り立てて修正するよりも、全体的に豊胸を、左右同じだけ行ったほうがいいということです。
料金
1セット目 385,000円(税込)
同時処置で2セット目からは、1セット 330,000円(税込)
(同時に5セットまで施術可能)
リスク・副作⽤・合併症
内出⾎ 細菌感染 針孔の色素沈着 かゆみ 成長再生豊胸で使用する成長因子や女性ホルモンが乳がんを誘発する可能性はありませんが、もともと乳がんが存在していた場合には、成長再生豊胸を実施することによってがん細胞を成長させてしまう可能性があります。ですから、成長再生豊胸を受ける前にがん検診を受けておくことをおすすめしています。
モニター募集
無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。
閉じる
無料カウンセリング
ご予約
お問い合わせ