MENU

症例の詳細

case

成長再生豊胸F

50代 女性

施術⽅法
成長再生豊胸F
処置回数
10セット

症例写真

南院⻑コメント

バストの上のほうの肋骨の浮き出しの改善と、豊胸を希望されていた、やせ型の体型の女性です。出産・授乳経験のある、50歳の女性です。成長再生豊胸Fは、合計10セット行っています。5セットの段階でも、効果がしっかりと観察されていますが、実際に効果が出てくると、もっともっとと言う気持ちが出てきたようです。

写真は順に、術前・5セット終了後・10セット終了後、となります。
成長再生豊胸Fは即効性のある豊胸処置です。成長再生豊胸Fの即効性の理由は、細胞外マトリックスの成分が入っているため、注射液がドロドロとした外見をしていることです。この、ドロドロとしていることが一つのキーポイントで、注射直後は、この注射液の体積で豊胸効果が出ています。それが時間とともに、少しづつ吸収されていく過程で、周辺の組織に成長因子を放出していき、バストの皮下脂肪や乳腺に働いて、その体積を増加させます。これを、薬剤の徐放化と言います。現象的には、注射液と自分の組織が入れ替わっていくかのような形です。しかし、この、注射液の吸収と、バストの組織の成長に、ややタイムラグが発生することがあります。その場合、豊胸効果が次第に失われていき、その後、再び豊胸効果が戻って来るといった経過をたどります。豊胸効果が失われていくと言えば、元に戻ってしまうのかと思われるかもしれませんが、まるっきり元に戻ることはなく、約1ケ月間、バストのサイズが、処置直後よりも小さくなっていくということです。したがって、成長再生豊胸Fにおいて、本当の豊胸効果については、成長再生豊胸W同様に、処置後約3ヶ月から6ヶ月を見ていただいています。なぜなら、成長再生豊胸Fに使用する細胞外マトリックスの成分が、成長因子を周辺に放出しながら、完全にバストからなくなり、バストで本当の効果を発揮するまでは、平均で約3ヶ月から6ヶ月かかるためです。その後、処置の効果を見て、もっと豊胸効果を出したい場合には、追加の処置を受けるといいでしょう。
料金
1セット目 385,000円(税込)
同時処置で2セット目からは、1セット 330,000円(税込)
(同時に5セットまで施術可能)
リスク・副作⽤・合併症
内出血 細菌感染 針孔の色素沈着 かゆみ 成長再生豊胸で使用する成長因子や女性ホルモンが乳がんを誘発する可能性はありませんが、もともと乳がんが存在していた場合には、成長再生豊胸を実施することによってがん細胞を成長させてしまう可能性があります。ですから、成長再生豊胸を受ける前にがん検診を受けておくことをおすすめしています。
モニター募集
無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。
閉じる
無料カウンセリング
ご予約
お問い合わせ