MENU

コラム

column

公開日2021.02.28最終更新日2021.03.09豊胸Q&A

垂れた胸を元に戻すには?原因や防ぐ方法を教えて

                 

ご相談者様

出産し、母乳育児をしました。その後、バストの形が急激に変わってしまいました。なぜ、卒乳後のバストは垂れてしまうのでしょうか? そして、垂れた胸を戻す方法はありませんか?

妊娠期間に女性の体は大きく変化します。特にバストの変化は著しく、少なくとも2カップ以上はバストアップします。母乳育児をすればなおさらで、バスト内の乳腺が発達し、バストはますます大きくなります。

大きくなったバストを支えるのがクーパー靭帯です。クーパー靭帯は、コラーゲンでつくられた結合組織で、バストの中身が脇や下部に流れないよう支えています。妊娠、授乳中は、クーパー靭帯が伸びることでバストの丸みが保たれています。

母乳をやめたら、クーパー靭帯はどうなるのですか?

卒乳後、乳腺は妊娠前の状態に戻り、バストの中身も元に戻ります。ただし、一度伸びたクーパー靭帯は元に戻りません。そのため、支えが緩くなり、垂れた胸になってしまうのです。

クーパー靭帯を元に戻すことはできないのですか?

手術でクーパー靭帯を短くする方法はありますが、傷が残る上に、バストの内容量が増えるわけではないので、垂れた胸をきれいに修正することができません。

垂れた胸にならないための予防として、筋トレは効果ありますか?

授乳中や育児をしているときは、猫背になりがちです。姿勢が悪くなると、クーパー靭帯が緩みやすくなり、余計に垂れた胸になってしまいます。

ですから、姿勢を整えるための筋トレはおすすめできます。

鍛えるならどの部分ですか?

胸の周囲にある大胸筋、小胸筋や、背中にある広背筋を鍛えるのがおすすめです。猫背がくせになっていると、筋肉が硬くなっている場合があります。筋トレをすることで、筋肉がほぐれ、姿勢が整いやすくなります。

ただし、負荷をかけ過ぎると、脂肪が落ちてしまいバストのサイズダウンにつながるので注意してください。ダンベルを使う場合には「重い」と感じないくらいのものを選びましょう。

サプリメントで垂れた胸を改善することはできませんか?

女性ホルモンに関与すると宣伝されているサプリメントもありますが、市販のサプリメントにはバストアップやバストの形を整える効果はありません。高額なサプリメントにだまされないように注意してくださいね。

まとめ

・妊娠、出産は、バストの形を変えてしまうリスクがある。

・妊娠時、急激に大きくなるバストを支えるのはクーパー靭帯。卒乳後も伸び切ったクーパー靭帯は元に戻らず、垂れた胸になる。

・軽い筋トレで姿勢を整えて、少しでもバストの垂れを予防。

・垂れた胸を改善するとうたっている市販のサプリには要注意。サプリでバストアップはかなわない。

成長再生豊胸には、
成長再生豊胸F成長再生豊胸W
2種類があります。

当院には、
成長再生豊胸の他に脂肪注入法
があります。

関連コラム

無料カウンセリングの
ご予約はお電話にて
渋谷
03-5468-7595
受付時間
11:00~20:00
名古屋
052-951-5855
受付時間
10:00~20:00
※無料カウンセリングご予約後、キャンセルされる場合は、前日までに必ずお電話でご連絡ください。
閉じる
無料カウンセリング
ご予約
お問い合わせ